FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 将来

近頃、めがねやコンタクトレンズを使用しないで視力の回復、矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人が増大している。
1番一般的なものは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)であるが、その一形態として「イントラレーシック」と云う、視力矯正手術が有る。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

日本人のケースの場合、裸眼視力は0.1くらいの人が少なくないのである。
これらの人が老眼に成ると、近いところはかえってめがねなしでみえるように成る、と云うメリットがある事を御存知だろうか?
レーザー手術を受けたケースの場合、術後は両眼共に1.0以上の裸眼視力が得られる事が有る。
しかし40代半ばぐらいから老眼を自覚するようになり、老眼鏡が絶対に必要となる。
ゆえに、レーザー手術で近視が改善しても、めがねは必要だと云う事である。

但し子供のケースの場合は、おのれでコンタクトレンズの扱いが出きるまではめがねの方が良いだろう。
そうなると、コンタクトレンズは、やっぱり中学生ぐらいからと云う事に成る。
ただ、医学的な面からコンタクトレンズを使用したほうが良いと云うケースの場合も有る。
左右の度がちがう人、円錐角膜と云う病気をもってる人、近視が途方もなくつよい人のケースの場合である。
これらの人は、大人の方も含め、めがねよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようである。



スポンサーサイト
02 : 16 : 39 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次ページ

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。