スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 熊本

近視の人の大たすうは、めがねやコンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な、シンプル近視である。
ごくわずかであるが、病的な近視の方もいる。
眼科ドクターの間では、シンプル近視も病的近視も含め、近視は遺伝的な素質がつよく関係しているとみる説が大勢をしめている。
ゆえに、勉強のしすぎや暗いところで本を詠んだから近視になったと云う事はないのだし、近視治療で治ったと云うのも例外である。

斜視のケースの場合、左右の目の視線が同じ目標点に向かっておらず、片方の目が目標点よりも内部を向いている状態(内斜視)と、外部を向いている状態(外斜視)が有る。
また正常の視線よりも上下いずれかにずれているものは上下斜視と呼称される。

日本人のケースの場合、裸眼視力は0.1くらいの人が少なくないのである。
これらの人が老眼に成ると、近いところはかえってめがねなしでみえるように成る、と云うメリットがある事を御存知だろうか?
レーザー手術を受けたケースの場合、術後は両眼共に1.0以上の裸眼視力が得られる事が有る。
しかし40代半ばぐらいから老眼を自覚するようになり、老眼鏡が絶対に必要となる。
ゆえに、レーザー手術で近視が改善しても、めがねは必要だと云う事である。

また、他の医院で受けて効果がなかったと云うケースの場合でも、別の医院で成就する可能性が有る。
再手術の熱望があるのなら、別の医院で再チャレンジしてみるのも一考である。



スポンサーサイト
17 : 26 : 48 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次ページ

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (121)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。