FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 眼科医

レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。
術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事に成る。
その為遠方から手術の為に来院された方は、おのれのお近くの眼科医院で検診を受けられるよう案内状を記述してもらえるよう依頼すると良いだろう。

視力矯正手術には以下のようなものが有る:

・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ラセック
・ウェーブフロント
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)

イントラレーシックとエピレーシックは、通常のレーシックを変化させたものである。

めがねとコンタクトレンズでは、どちらが安全か、と云う問題で云えば、やっぱりめがねのほうが安全かも知れない。
今のめがねは殆どプラスチックであるから、割れて角膜を損傷させる事もないのだし、ごみや花粉等も入ってこない。
しかし注意していればどちらもさほど問題はないようである。

また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいるが、老眼鏡をかけたからと云って症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもないのだ。
不自由を実感しながらもかけるのをガマンしている必要はないだろう。



スポンサーサイト
19 : 05 : 57 | 日記 | page top↑

視力回復 ワック 効果

視力を回復させたいと云うのは、日頃コンタクトレンズやめがねで煩わしさをいやと云うほど実感している人にとって、つよい願望だろう。
現状では、めがねやコンタクトレンズ以外の視力矯正手術が実行されるケースが急速に増大してきている。

目の治療は目覚しく発達している。
手術やレーザー治療、人口水晶体、角膜移植、コンタクトレンズ、薬物治療等である。
なかでも現状、注目されているのが、レーシックである。

レーシック

「レーシック」と云うのは、角膜屈折矯正手術の一種である。
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射して、角膜の曲率を変える事で視力を矯正する手術をいう。

更に、常に生じる「恒常性斜視」とは別に、ときどき斜視の症状がこる事がある「間欠性斜視」が有る。
幼児期に起こり、見掛けは斜視のようであるためすが、現実には斜視じゃない「偽斜視」と云うイメージが有る。
これは乳児によく見られ、発達と共に自然に治る。

表面照射に分類される術式である為、一般的のレーシック手術に比べ角膜混濁・・・・・・「ヘイズ」・・・・・・を起こす危険性が高いと云う短所も有る。
また、これは、エキシマレーザーを照射する手術であるため、ハロ・グレアの出現、コントラストが低下する等の症状が有る。
これらは、通常のレーシックと同じ短所である。



17 : 20 : 38 | 日記 | page top↑

視力回復 英語

現状、眼科領域の治療は目ざましく発達している。
コンタクトレンズ、手術、レーザー治療、人口水晶体、角膜移植、薬物治療等、選択肢が広がりつつ有る。
視力はどれほど回復するのだろうか、また目の病気はどこまで治せるのだろうか。
しかしながら、まだ歴史が浅い分、安全な術法が確立していないものも有る。
安全で、確実に治療、改善する為には、どのような事に留意する必要があるのだろうか?

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

この方法は、軽度から中レベルの近視のケースの場合の視力回復に効果があると云われる。
中レベルの近視と云うのは、視力が0.05から0.1レベルをいう。
このレベルなら、約1週間の治療で0.7から1.0ほどまで視力が回復すると予測される。
また、近視の進展を予防するのにも効果があると云われる。

また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいるが、老眼鏡をかけたからと云って症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもないのだ。
不自由を実感しながらもかけるのをガマンしている必要はないだろう。



18 : 41 : 21 | 日記 | page top↑

視力回復 絵本

コンタクトレンズと云うと、通常は、昼間に装着して視力を矯正するものだと考慮する。
しかしながら、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として活用する、新しい方法として現状、話のネタに為ってるのが、「オルソケラトロジー」である。
オルソケラトロジーと云うのは、オルソレンズと云うコンタクトレンズを夜間に装着して、昼間の視力を回復させるものである。
視力回復の新しい方法としては、レーシック等の手術が話のネタに為ってるが、手術以外の方法としてこれから、更に待望が寄せられる事だろう。

レーシック手術は、日本では厚生労働省に拠って許可されている。
米国では年間に100万件以上実施されており、世界的に確立した医療技術と云えるだろう。
手術は両眼で約10分である。
検査等も包括して3時間レベルである。
術後は、暫く(しばらく)視力が落ち着かない事からご本人の車の運転は控えるべきであるが、帰宅する事は可能である。
入院は必要ないのだ。

めがねとコンタクトレンズでは、どちらが安全か、と云う問題で云えば、やっぱりめがねのほうが安全かも知れない。
今のめがねは殆どプラスチックであるから、割れて角膜を損傷させる事もないのだし、ごみや花粉等も入ってこない。
しかし注意していればどちらもさほど問題はないようである。

・レーシックは、近視の進展をとめる手術じゃない事から、日頃から目をこき使用する等、近視になりやすい状況にある人は、一旦手術をしても再度近視に成る事が有る。

そもそもレーシック手術は、全員が受けられるものではなく、適応検査にパスした人のみが可能であるためす。
事前の検査、カウンセリング、術後のケアがよくキッチリとした医院での施術をお勧めする。



16 : 35 : 42 | 日記 | page top↑

視力回復 黒いメガネ

近視の人は、眼球が通常の人よりも大幅に、眼軸が長く為ってるのが特徴点である。
それを縮める事は不可能である。
しかし角膜の屈折を変える事で視力を回復させるのが、「放射状角膜切開術」と云うものである。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

近視に成ると、遠いところをみる時にぼやける。
近いところは良くみえる。
シンプル近視のケースの場合は、近視の度がおもったより軽い事がおおく、めがねをかければ正常の視力まで矯正可能である。
近視の人は、近くを観る時には正視の人よりもアレンジしなくていい為、現代のように近くを観る事が少なくない社会では、かえって疲労を感じにくいと云うメリットもあるのである。

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを用意した方が良いかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。



16 : 28 : 09 | 日記 | page top↑

視力回復 松崎

詠書や勉強で近くのものをみる仕事がつづくと、一時的に近視の状態に成ると云う説を「仮性近視」もしくは「偽近視」と云うが、これは日本独自の考え方で、現状は否定的にとらえられている。
以前は、仮性近視に対する治療として、アレンジ麻痺薬と云う薬を夜就寝する前に点眼し、毛様体筋を休ませる方法が途方もなく広く実行されていた。
しかし薬の効果が疑惑視され、現状では、健康保険の適応外となった。

レーシックのメリットは、眼鏡やコンタクトレンズが必要なくなる事である。
この手術の受ける人のなかで、スポーツ選手が少なくないのもこのためである。
また就業にあるレベルの裸眼視力が必要な職業である、警察官や電車の運転手等を熱望する人の中でも、就職前にこの手術を受けているケースの場合が有る。

何よりものメリットは、手術の為に入院をする必要性がない事だろう。
短時間で済むからである。
また、生命保険が活用される事も在り、そうなれば手術費用がほぼ無料に成るケースも有る。

また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいるが、老眼鏡をかけたからと云って症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもないのだ。
不自由を実感しながらもかけるのをガマンしている必要はないだろう。



16 : 26 : 46 | 日記 | page top↑

視力回復 五分

近視の人は、眼球が通常の人よりも大幅に、眼軸が長く為ってるのが特徴点である。
それを縮める事は不可能である。
しかし角膜の屈折を変える事で視力を回復させるのが、「放射状角膜切開術」と云うものである。

1.対話

まず初めは、対話をし、カウンセリングを受けながら予約を入れる。
ついでにレーシックのケースの場合、両眼で15000円ほどかかるようである。
但し片眼ずつに分けて手術したケースの場合には、料金が変わってくる事が有る為、ご対話の眼科にご確認欲しい。

老眼の症状は、本を詠む時に本を目から離さないと良くみえない、薄暗いところではちっぽけな字が詠みにくい、細かい仕事をすると目が疲労を実感する、と云うものである。
このような症状を実感したら、老眼が開始してきたと考慮される。
こういった具合に老眼と云うのは、あくまで近いところを観るのに不便を実感するように成ると云う為、遠いところをみる視力には関係ないのだ。

ゆえに、「老眼に成ると近いところが見えなくなる代わりに、遠いところが良くみえるように成る」と云うのは間ちがいのである。
また、「年をとったから視力が落ち、遠いところがみえにくくなった」と云う事はないのだ。
近視は20から25歳ほどで進展が留まるのが通常であるから、中年以降に遠いところが見えづらくなったと云うケースの場合は、何か病気が生じていると怪しむ必要が有る。



16 : 53 : 03 | 日記 | page top↑

視力回復 わかさ

老眼、もしくは老視と云うのは、病気ではなく、中年になればレベルの差はあれ、誰にでも生じ得る、生理的な現象である。
老眼に成ると、近いところがみえにくいと云うだけで、遠いところを観る視力とはなんら関係はないのだ。

他の手術同様、失敗、術後の合併症等の危険度が全くない訳でもないのだ。
しかも、歴史が浅い為、本当に長期にわたって安全がキープ出きるのかどうかの確証もないのが現実である。

これ以外、以下のような危険度が危惧されている:

★コントラスト感度の低下の可能性
★術後に、一過的にハロ・グレアが出現する可能性
★ドライアイ
★眼圧が術後現実の値よりも過小評価される、つまり手術前よりも低い値に成る為、眼圧検査時は、レーシックを受けた経験がある事を申告する必要が有る。

その為、近いところをみる仕事がつづくケースの場合には、やっぱり近いところを観る専用の老眼鏡を用意する方が良いのじゃないかとおもわれる。
おのれの生活を考慮して、めがねの使用スタイルを考慮するとよいだろう。

放射状角膜切開術のケースの場合も、当然、度の落ち着かない子供には勧められない。
また度の落ち着いたおとなの方でも、老眼になったあとの事を考慮すると、危険を冒してまではたして近視手術で視力を回復させるべきかどうか、よく熟慮する必要があるのじゃないだろうか。



18 : 58 : 03 | 日記 | page top↑

視力回復 食材

視力回復を願い、めがねやコンタクトレンズ以外の方法として手術を熱望する人が急増している。
めがねを使用しなくてもいい、等のメリットがある他方で、歴史が浅い手術である事から、術法が確立しておらず、安全性に問題がある等、医学的な課題があるのが現状である。
医学的短理由外にも、社会的な短所が有る。

老眼鏡は近くを観るための専用のめがねである。
ゆえに、近視や遠視の人は、遠くを観るためのめがねと老眼鏡の二つが必要となるのである。
このケースの場合、めがねは別々のものを2つ用意しても、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ、「多焦点レンズ」としても構わない。
後者のようなレンズのケースの場合、いちいちかけなおす手間が省ける事からべんりとは云えるが、ハッキリとみえる視野が狭くなると云う短所が有る。

近視は、ふつう、眼球の奥行き、つまり眼軸が伸長して生じる。
眼軸を縮める事は不可能であるため、角膜の屈折力を弱める事で、近視を改善し、視力を回復させる。

近視の手術には、以下の2つの方法が有る:
・メスを用いる放射状角膜切開術・・・・・・RK
・エキシマレーザーを用いる角膜切開術・・・・・・PRK

遠視のケースの場合も、遺伝的要素がつよいと云われる。
発達に伴い遠視は軽くなり、正や近視に成るケースの場合が少なくないのであるが、眼軸が伸びきらずに遠視のままで留まってしまう事も有る。
このようなケースの場合でも、めがねをかけて矯正視力が回復すれば問題にはならない。



16 : 17 : 04 | 日記 | page top↑

視力回復 マシン

視力回復の新しい方法として、レーシックと云う手術が話のネタに為ってる。
しかしあくまで手術であるから懸念が結びつくし、まだ歴史が浅い事から安全性が確立していない。
現実、どのような流れで進むのが、一般的な例をご案内する。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

★裸眼視力、つまり、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力、はほぼ間ちがいなく飛躍的に向上するが、矯正視力、つまり眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力は、かえって低下する事が有る。

★角膜を削りすぎたケースの場合、遠視に成る危険が有る。
これを再度修正する事は困難である。

個人差は有るが、不思議なほどに、朝になってコンタクトを外すとよくみえるようになり、1週間もすると効果が得れる。
途方もなく適切で、安全な治療法と云われている。



11 : 08 : 33 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。