FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 スマホやめる

レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。
術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事に成る。
その為遠方から手術の為に来院された方は、おのれのお近くの眼科医院で検診を受けられるよう案内状を記述してもらえるよう依頼すると良いだろう。

例を挙げると、近頃、視力回復の適切な方法として、レーシック手術が注目されている。
しかしレーシックの安全性、適切性をうたう眼科医院でさえ、手術にかんする承諾書で以下のような注意点をあげている:

「術前に近視がつよい人のケースの場合殊更に、暗いところや夜間に見え方が良くない事がある・また夜間に、明るい光の周辺に輪状のもやがつく(ハロー)、夜間の照明が眩しい(グレア)、放射状に光がみえる(スターバスト)事が、ある。」

2.カウンセリング、適応検査、術前検査
・詳しく検査を行い、レーシック手術を受けられるかどうかを吟味する。
それに基づき、ドクターやスタッフが細かいカウンセリングを実践する。

この時点で、自身の熱望や懸念点等をキッチリと伝達し、承知する事が肝心である。
また、目の病気がないかどうかの一般的な検査も受けておくべきだろう。

・更に専門の検査医による、精密検査が行われ、レーザーの照射量を決定する為に正確な視力検査が実行される。

やっぱり視力回復とまではいかないまでも、視力矯正の方法としては、基本的にめがねとコンタクトである事に変わりはないのが現状である。
近頃はより心地よいコンタクトレンズも開発されている。
目に優しいレンズを選定する事が現状としては最重要な選定なのかも知れない。



スポンサーサイト
17 : 01 : 19 | 日記 | page top↑

視力回復 超音波 効果

視力を回復させたいと云うのは、日頃コンタクトレンズやめがねで煩わしさをいやと云うほど実感している人にとって、つよい願望だろう。
現状では、めがねやコンタクトレンズ以外の視力矯正手術が実行されるケースが急速に増大してきている。

視力矯正手術には以下のような種類が有る:

・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ラセック
・ウェーブフロント
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)

コンタクトレンズとめがねの煩わしさを1番痛感しているのは、たぶんスポーツ選手だろう。
視力回復及び矯正の手術を受けた例もスポーツ選手が圧倒的に少なくないようである。
殊更にレーシック手術にかんしては、スポーツ選手の手術例が少なくないようである。

何よりものメリットは、手術の為に入院をする必要性がない事だろう。
短時間で済むからである。
また、生命保険が活用される事も在り、そうなれば手術費用がほぼ無料に成るケースも有る。

エピレーシックは、PRKやラセック等と同様で、分類としては表面照射と云う術式に入る。
この手術では、他の表面照射の屈折矯正手術とおなじ様にボーマン膜をレーザーで取り除くるのだ。
そして、角膜実質層を削る事で視力を回復するのである。
エピレーシックは、新しい術法である事からまだ安全性が確立されているとは云えない。
メリットと危険度をよく把握したうえで手術を受けるかどうかの決断をするべきである。



17 : 33 : 53 | 日記 | page top↑

視力回復 生活

コンタクトレンズやめがねによる、視力回復、矯正の煩わしさから、視力矯正手術を増大する人が急増している。
タイガー・ウッズ選手等、スポーツ選手の術例がたすう報告され、話のネタをよんだ事が、手術熱望者の増加に拍車をかけているようである。
しかしながら、まだ歴史が浅い手術である事から、安全性が確立されていない。
メリットと同様、危険度もよく把握したうえで施術すべきかどうかの決断をするべきだろう。

イントラレーシックと、一般的なレーシックにはどのようなちがいがあるのだろうか。
大きなちがいは、フラップと云って、角膜に作成するフタの作成方法に有る。
通常のレーシックのケースの場合、「マイクロケラトーム」と云う電動カンナのような装置でフラップを作成する。
他方、イントラレーシックでは、イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御に拠ってフラップを精密に作成する。
これに拠って、一段と安全で正確にフラップを作成する事が可能に成るのである。

2.カウンセリング、適応検査、術前検査
・詳しく検査を行い、レーシック手術を受けられるかどうかを吟味する。
それに基づき、ドクターやスタッフが細かいカウンセリングを実践する。

この時点で、自身の熱望や懸念点等をキッチリと伝達し、承知する事が肝心である。
また、目の病気がないかどうかの一般的な検査も受けておくべきだろう。

・更に専門の検査医による、精密検査が行われ、レーザーの照射量を決定する為に正確な視力検査が実行される。

また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいるが、老眼鏡をかけたからと云って症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもないのだ。
不自由を実感しながらもかけるのをガマンしている必要はないだろう。



17 : 39 : 14 | 日記 | page top↑

視力回復 運動 効果

現状、視力回復、矯正の為に、視力矯正手術を熱望する人が急増している:

レーシック
イントラレーシック
エピレーシック
ラセック
ウェーブフロント
フェイキックIOL
PRK
フレックスPRK
放射状角膜切開術(PK)

一般的なのは、レーシック及び、その類である。
ウェーブフロントは、視力矯正手術の1つである「ウェーブフロントレーシック」に於いて活用するやり方で、角膜や水晶体の収差を解析する手法である。
ウェーブフロントアナライザと云われる、解析装置でデータを測定したり分析するのである。

超音波治療

残念ながら、超音波を当てる方法は殆ど効果がないと云われている。
めがねやコンタクトレンズを使わずに視力を回復させるには、手術しかないようである。
また、「暗いところで本を詠むと目が悪くなる」とよく云われるが、これは近視の予防や視力の回復にはならない。
ただ、遠くを観たりする事は目の疲労を予防するのには、良いとおもわれる。

ただし全ての症例に適切な訳でもないのだ。
円錐角膜等の角膜形状異常には適応出きないし、ハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣る。

ゆえに、「老眼に成ると近いところが見えなくなる代わりに、遠いところが良くみえるように成る」と云うのは間ちがいのである。
また、「年をとったから視力が落ち、遠いところがみえにくくなった」と云う事はないのだ。
近視は20から25歳ほどで進展が留まるのが通常であるから、中年以降に遠いところが見えづらくなったと云うケースの場合は、何か病気が生じていると怪しむ必要が有る。



18 : 17 : 33 | 日記 | page top↑

nhk ためしてガッテン 視力回復

遠くのほうをみると上手くピントが合わず、ハッキリみえないのは、屈折異常が原因である。
このうち近視と云うのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を連結する為におくるのだ。

近視には2通り有る:
・シンプル近視(良性近視)
・病的近視(悪性近視)

シンプル近視は、視力回復と云う点にかんする限り、コンタクトレンズやめがねを使用して矯正視力が出れば問題はないのだ。
一般的に小学校高学年ほどから中学校くらいから開始する事が少なくない事から、学校近視とも呼称される。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

★裸眼視力、つまり、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力、はほぼ間ちがいなく飛躍的に向上するが、矯正視力、つまり眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力は、かえって低下する事が有る。

★角膜を削りすぎたケースの場合、遠視に成る危険が有る。
これを再度修正する事は困難である。

放射状角膜切開術のケースの場合も、当然、度の落ち着かない子供には勧められない。
また度の落ち着いたおとなの方でも、老眼になったあとの事を考慮すると、危険を冒してまではたして近視手術で視力を回復させるべきかどうか、よく熟慮する必要があるのじゃないだろうか。



16 : 52 : 51 | 日記 | page top↑

視力回復 お灸

コンタクトレンズと云うと、通常は、昼間に装着して視力を矯正するものだと考慮する。
しかしながら、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として活用する、新しい方法として現状、話のネタに為ってるのが、「オルソケラトロジー」である。
オルソケラトロジーと云うのは、オルソレンズと云うコンタクトレンズを夜間に装着して、昼間の視力を回復させるものである。
視力回復の新しい方法としては、レーシック等の手術が話のネタに為ってるが、手術以外の方法としてこれから、更に待望が寄せられる事だろう。

ウェーブフロントレーシックでは、近視や遠視・乱視等にかんして総合的に角膜形状解析を行い、そのデータをもとにして、ウェーブフロントアナライザと云うガイド役の指揮のもとレーシック手術が実行される。
今までのレーシックでは、角膜の形状異常に対しガイドはいない状態だった。
それと比較すると、ウェーブフロントレーシックでは、角膜高次収差に対して解析を実践するわけであるから、乱視の矯正にかんしては理論上有利と云える。

手術のなかでは、「フラップ」と云う蓋状のものを作成するが、この手術では、アルコール等の薬品を使用しない為、それに結びつく正確性の低下・角膜への負担等の危険度の懸念が多くはないと云える。
他方、短所も有る。
術後に痛みが結びつく事から、3から7日レベル保護用のコンタクトレンズを着用する必要が有る。

めがねやコンタクトレンズなしの生活がどれほど快適であるかは、日頃、殊更に運動時等に不自由を実感して居る方なら痛感して居る事だろう。
しかしながら、まだこのような「不確実な段階」である事を考え、そのメリットと危険度を考慮して、承知のいく視力回復方法を選定する事が肝心である。




17 : 56 : 28 | 日記 | page top↑

視力回復 濡れタオル

視力と云うのは、目で物体を識別する能力の事をいう。
視力が低下する理由には、色々考慮されるが、屈折異常、アレンジ異常で視力が低下したケースの場合は、屈折矯正を実践する事で視力を回復させる事は可能である。
但し何らかの病気で視力が低下したケースの場合には、その原因を除去しない限り、視力回復はむずかしいのが現実である。

視力矯正手術には以下のようなものが有る:

・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ラセック
・ウェーブフロント
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)

イントラレーシックとエピレーシックは、通常のレーシックを変化させたものである。

更に、「感染等に拠って重度の視力低下をまねく恐れがある」とさえ述べている。
そして「レーザー手術が人間の目の治療に応用されるようになって、約20年経つもの、全部の合併症を把握する事は不可能で在り、承諾書に記述された問題や合併症以外の事が生じうる事をご了承欲しい」と述べている。

やっぱり視力回復とまではいかないまでも、視力矯正の方法としては、基本的にめがねとコンタクトである事に変わりはないのが現状である。
近頃はより心地よいコンタクトレンズも開発されている。
目に優しいレンズを選定する事が現状としては最重要な選定なのかも知れない。



16 : 10 : 57 | 日記 | page top↑

視力回復 京都

視力を回復させたいと云うのは、日頃コンタクトレンズやめがねで煩わしさをいやと云うほど実感している人にとって、つよい願望だろう。
現状では、めがねやコンタクトレンズ以外の視力矯正手術が実行されるケースが急速に増大してきている。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

手術の当日は、瞳孔をオープンして目の奥を検査するための目薬をさす事に成る。
瞳孔がもとの状態にもどるまでに4から5時間かかる事から、その間、眩しかったり、細かい文字が見えづらくなる為、ご本人の運転は控える。
る。
また、術後は視力が落ち着かない事から、やっぱりご本人は車の運転を控えるべきである。

角膜の中央部が薄くなる為、角膜の曲率が下がり、凹レンズを用いたのと同じ効果が現れ、近視が矯正され、視力回復が待望出きるのである。
また、検眼のデータをもとにレーザー照射をアレンジする事で、乱視の矯正も可能となる。
マイクロケラトームの代わりにレーザー・・・・・・イントラレーザー・・・・・・に拠ってフラップを形成する方法も有る。



17 : 20 : 36 | 日記 | page top↑

視力回復 ツボ 頭

現状、眼科領域の治療はめざましく発達している。
新たに話のネタと為ってる視力回復、視力矯正の方法として、レーザー治療が話のネタであるが、他にも「超音波治療」や「人口水晶体」が有る。

超音波治療

残念ながら、超音波を当てる方法は殆ど効果がないと云われている。
めがねやコンタクトレンズを使わずに視力を回復させるには、手術しかないようである。
また、「暗いところで本を詠むと目が悪くなる」とよく云われるが、これは近視の予防や視力の回復にはならない。
ただ、遠くを観たりする事は目の疲労を予防するのには、良いとおもわれる。

人口水晶体を入れる方法

近視と云うのは、屈折異常である。
おのれのもってる水晶体よりも屈折力が弱い人口水晶体を入れれば、近視が低減する事は確かである。
しかしながら、水晶体の任務は、遠くをみる時に屈折をアレンジするのみじゃないのだ。
近くをみる時にもピント合わせに必要であるためす。
ゆえに人工水晶体を入れると、そのアレンジ機能がなくなる事に成るのである。
白内障の手術で人工水晶体を入れるのならともかく、そうでもないのにあえて手術をしてまで人工水晶体を入れる事にそれほどの意味があるとは、現実のところ云えないようである。

但し全部の選手がレーシックを受ける訳でもないのだ。
例を挙げると、古田敦也のように眼鏡を使用して現役を全うした選手もいる。
レーシックは、まだ歴史も浅く、確実な手術とはいいがたいのである。
例を挙げると、東北楽天ゴールデンイーグルスの一場靖弘投手は、手術に失敗した。
彼は、右目が角膜炎を発症し、入院する事になったのである。
右目視力は一時0.04まで低下し、失明の危機もあったほどである。
後に回復したが、やっぱり手術は安易には考慮してはいけないのである。



19 : 10 : 27 | 日記 | page top↑

視力回復 知恵袋

レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。
術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事に成る。
その為遠方から手術の為に来院された方は、おのれのお近くの眼科医院で検診を受けられるよう案内状を記述してもらえるよう依頼すると良いだろう。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

この方法は、軽度から中レベルの近視のケースの場合の視力回復に効果があると云われる。
中レベルの近視と云うのは、視力が0.05から0.1レベルをいう。
このレベルなら、約1週間の治療で0.7から1.0ほどまで視力が回復すると予測される。
また、近視の進展を予防するのにも効果があると云われる。

但し現状はこの手術を熱望する人がおおくなった事から、生命保険のおおくは、給付対象から除外するようになった。
手術を熱望する人は、おのれが加入している保険でレーシック手術が給付の対象と為ってるかどうか、あらかじめ確認しておいた方が良いだろう。
また、医学的にもまだ完璧に危険度がない訳でもないのだ。
メリットだけでなく、危険性もよく把握したうえで施術を決断する必要が有る。



17 : 01 : 01 | 日記 | page top↑

視力回復 涙

近頃、めがねやコンタクトレンズを使用しないで視力の回復、矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人が増大している。
1番一般的なものは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)であるが、その一形態として「イントラレーシック」と云う、視力矯正手術が有る。

乱視の原因は、殊更に角膜に有る。
生まれつきの事が少なくないのであるが、角膜の病気によるもののほか、白内障の手術後、角膜移植後等にも生じる。

手術の当日は、瞳孔をオープンして目の奥を検査するための目薬をさす事に成る。
瞳孔がもとの状態にもどるまでに4から5時間かかる事から、その間、眩しかったり、細かい文字が見えづらくなる為、ご本人の運転は控える。
る。
また、術後は視力が落ち着かない事から、やっぱりご本人は車の運転を控えるべきである。

やっぱり視力回復とまではいかないまでも、視力矯正の方法としては、基本的にめがねとコンタクトである事に変わりはないのが現状である。
近頃はより心地よいコンタクトレンズも開発されている。
目に優しいレンズを選定する事が現状としては最重要な選定なのかも知れない。



16 : 00 : 40 | 日記 | page top↑

視力回復 乱視 トレーニング

コンタクトレンズと云うと、通常は、昼間に装着して視力を矯正するものだと考慮する。
しかしながら、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として活用する、新しい方法として現状、話のネタに為ってるのが、「オルソケラトロジー」である。
オルソケラトロジーと云うのは、オルソレンズと云うコンタクトレンズを夜間に装着して、昼間の視力を回復させるものである。
視力回復の新しい方法としては、レーシック等の手術が話のネタに為ってるが、手術以外の方法としてこれから、更に待望が寄せられる事だろう。

・術後に異物感を実感したり、しみたりする事が有る。

・手術中にまぶたを大幅にオープンする為に器具をつける事から、術後にまぶたがはれぼったくなり、開きづらくなる事も有る。

・結膜に内出血(結膜下出血)が起こり、白目が赤くなる事が有る。

*このような症状は、1晩で治るものもあれば、2週間ほどかかるものも有る。

方法としては、マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削り、ふたのような「フラップ」をつくり、めくのである。
そこにエキシマレーザーを照射して、角膜の一部を蒸散させるのである。
其の後、フラップを元の部分にもどして、フラップが自然に接着するまで待つ。
約2から3分である。

但し子供のケースの場合は、おのれでコンタクトレンズの扱いが出きるまではめがねの方が良いだろう。
そうなると、コンタクトレンズは、やっぱり中学生ぐらいからと云う事に成る。
ただ、医学的な面からコンタクトレンズを使用したほうが良いと云うケースの場合も有る。
左右の度がちがう人、円錐角膜と云う病気をもってる人、近視が途方もなくつよい人のケースの場合である。
これらの人は、大人の方も含め、めがねよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようである。



18 : 19 : 19 | 日記 | page top↑

視力回復 千葉

遠くのほうをみると上手くピントが合わず、ハッキリみえないのは、屈折異常が原因である。
このうち近視と云うのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を連結する為におくるのだ。

近視には2通り有る:
・シンプル近視(良性近視)
・病的近視(悪性近視)

シンプル近視は、視力回復と云う点にかんする限り、コンタクトレンズやめがねを使用して矯正視力が出れば問題はないのだ。
一般的に小学校高学年ほどから中学校くらいから開始する事が少なくない事から、学校近視とも呼称される。

レーシック手術・・・・・・正式には、「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・・・・には、以下のようなメリットと短所が有る:

・日本では公的医療保険の対象とならない。
また、現状、この手術の給付金を熱望するケースが急増し、各保険会社は給付対象から除外している。
除外が活用される以前に加入した生命保険等で、手術費用がほぼ無料に成るケースは有るが、これから新たに加入すると云う人は、保険活用はほぼ不可能と考慮した方が良いだろう。

・手術のための入院が必要なく、短時間で済むと云うのはメリットである。

手術の当日は、瞳孔をオープンして目の奥を検査するための目薬をさす事に成る。
瞳孔がもとの状態にもどるまでに4から5時間かかる事から、その間、眩しかったり、細かい文字が見えづらくなる為、ご本人の運転は控える。
る。
また、術後は視力が落ち着かない事から、やっぱりご本人は車の運転を控えるべきである。

更にイントラレーシックのほうが、今までのレーシックよりもフラップを薄く正確に作成する事が可能な事から、角膜実質層を削りとれる量が増大する。
その為、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正する事が出きるのである。
但し層間角膜炎(DLK)が生起したり、フラップの作成や接着に時間がかかる、と云った短所も指摘されている。



04 : 52 : 18 | 日記 | page top↑

視力回復 子供 ブルーベリー

老眼、もしくは老視と云うのは、病気ではなく、中年になればレベルの差はあれ、誰にでも生じ得る、生理的な現象である。
老眼に成ると、近いところがみえにくいと云うだけで、遠いところを観る視力とはなんら関係はないのだ。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

例を挙げると、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けた例が超有名である。
彼の手術に影響され、視力に苦しむスポーツ選手のおおくが手術を受けたと云う。
これ以外、プロ野球選手の中にも、例を挙げると、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で実行される試合がおおくなった影響で視力の低下を招いた事から手術を受けた例も有る。

問い合わせの際には、レーシック手術の正式名称・・・・・・「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・・・・を伝達欲しい。
但し現状の動きとしては、レーシック手術の給付請求が増大した事から、日本の各保険会社は、この手術を保障の対象から外す動きを見せている。
対象から外される以前の契約で加入しているケースの場合には、保障対象となるが、これから新たに加入するケースの場合は殆どが保障されないと考慮した方が良いだろう。



17 : 34 : 47 | 日記 | page top↑

視力回復 日常生活

老眼、もしくは老視と云うのは、病気ではなく、中年になればレベルの差はあれ、誰にでも生じ得る、生理的な現象である。
老眼に成ると、近いところがみえにくいと云うだけで、遠いところを観る視力とはなんら関係はないのだ。

視力矯正手術には以下のような種類が有る:

・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ラセック
・ウェーブフロント
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)

コンタクトレンズとめがねの煩わしさを1番痛感しているのは、たぶんスポーツ選手だろう。
視力回復及び矯正の手術を受けた例もスポーツ選手が圧倒的に少なくないようである。
殊更にレーシック手術にかんしては、スポーツ選手の手術例が少なくないようである。

現実、どれほどの視力回復が望めるかは、事前の検査で確認しておくべきだろう。
きわめて強度の近視、乱視、及び老眼が重なった方のケースの場合は殊更にそうである。
また子供のケースの場合や妊娠中の方、及び全身疾患をお持ちのかたは手術を実践する事は出きない。
医院に拠っては、レーシック手術を受けた方の98パーセント以上が視力1.0以上に回復しており、残りの2パーセントの方も0.7以上になり、コンタクトンズやめがねの煩わしさから解放された、とうたってるところも有る。

個人差は有るが、不思議なほどに、朝になってコンタクトを外すとよくみえるようになり、1週間もすると効果が得れる。
途方もなく適切で、安全な治療法と云われている。



16 : 54 : 48 | 日記 | page top↑

視力回復 悪い

健康診察等では、視力表を用いて視力を検査する。
これは裸眼視力と云って、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力で、屈折の異常を決断する為、あまり精密な検査とは云えない。
正確に屈折の異常を測定する為には、アレンジを休ませた状態でなければならず、子供のケースの場合は殊更に、アレンジを休ませる事はむずかしいのが現実である。

1.対話

まず初めは、対話をし、カウンセリングを受けながら予約を入れる。
ついでにレーシックのケースの場合、両眼で15000円ほどかかるようである。
但し片眼ずつに分けて手術したケースの場合には、料金が変わってくる事が有る為、ご対話の眼科にご確認欲しい。

これ以外、一般的に以下のような問題点が指摘されている:

・屈折度が落ち着くまでに一定の期間が必要で在り、どれほどかかるかは個人に拠って差が有る。

・現実にどれほどの効果があるか(近視、乱視、遠視の低減度)と目標値との間には誤差が在り、ケースの場合に拠っては、再手術が必要になったり、手術を受けたにもかかわらずめがねが必要に成る事も有る。

・左右の目に差がでる事が有る。
これは同じ人の目であっても、左右に拠って条件がちがうからである。

PRKやエピレーシック等の術法と同様で、表面照射と云う術式に分類される。
他の表面照射の屈折矯正手術と同様で、ラセックもボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削る事で視力を回復させる。



18 : 34 : 42 | 日記 | page top↑

視力回復 眼帯

近視の人は、眼球が通常の人よりも大幅に、眼軸が長く為ってるのが特徴点である。
それを縮める事は不可能である。
しかし角膜の屈折を変える事で視力を回復させるのが、「放射状角膜切開術」と云うものである。

今までのハードレンズは、酸素を通さなかった、もしくは不充分だった事から、酸素不足による角膜障害がおきていたし、ソフトレンズのケースの場合も、まれではあるといえ、感染症が起き、これが角膜障害をもたらしていた。
いずれにしても、現状、改良が進み、落ち着いて装着出きるようになりつつ有る。

例を挙げると、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けた例が超有名である。
彼の手術に影響され、視力に苦しむスポーツ選手のおおくが手術を受けたと云う。
これ以外、プロ野球選手の中にも、例を挙げると、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で実行される試合がおおくなった影響で視力の低下を招いた事から手術を受けた例も有る。

また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいるが、老眼鏡をかけたからと云って症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもないのだ。
不自由を実感しながらもかけるのをガマンしている必要はないだろう。



17 : 32 : 59 | 日記 | page top↑

視力回復 限界

レーシックは、新たな視力回復方法として注目されている手術である。
しかし目の手術と云う事で懸念はつかない。
現実、危険じゃないのだろうか?

1.対話

まず初めは、対話をし、カウンセリングを受けながら予約を入れる。
ついでにレーシックのケースの場合、両眼で15000円ほどかかるようである。
但し片眼ずつに分けて手術したケースの場合には、料金が変わってくる事が有る為、ご対話の眼科にご確認欲しい。

ラセックと云うのは、アルコールを使用して角膜上皮のみの薄い蓋・・・・・・「フラップ」・・・・・・を作成したうえでエキシマレーザーを照射し、視力を回復する屈折矯正手術の1つである。
1999年にイタリア人ドクターに拠って発案された術法である。
角膜上皮のみのフラップは、数日で再生する事から、つよい眼の衝撃でもフラップがずれる事がないのが特長である。
これが通常のレーシックとはちがう点である。

問い合わせの際には、レーシック手術の正式名称・・・・・・「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・・・・を伝達欲しい。
但し現状の動きとしては、レーシック手術の給付請求が増大した事から、日本の各保険会社は、この手術を保障の対象から外す動きを見せている。
対象から外される以前の契約で加入しているケースの場合には、保障対象となるが、これから新たに加入するケースの場合は殆どが保障されないと考慮した方が良いだろう。



18 : 27 : 39 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。