FC2ブログ

視力回復 熊本

近視の人の大たすうは、めがねやコンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な、シンプル近視である。
ごくわずかであるが、病的な近視の方もいる。
眼科ドクターの間では、シンプル近視も病的近視も含め、近視は遺伝的な素質がつよく関係しているとみる説が大勢をしめている。
ゆえに、勉強のしすぎや暗いところで本を詠んだから近視になったと云う事はないのだし、近視治療で治ったと云うのも例外である。

斜視のケースの場合、左右の目の視線が同じ目標点に向かっておらず、片方の目が目標点よりも内部を向いている状態(内斜視)と、外部を向いている状態(外斜視)が有る。
また正常の視線よりも上下いずれかにずれているものは上下斜視と呼称される。

日本人のケースの場合、裸眼視力は0.1くらいの人が少なくないのである。
これらの人が老眼に成ると、近いところはかえってめがねなしでみえるように成る、と云うメリットがある事を御存知だろうか?
レーザー手術を受けたケースの場合、術後は両眼共に1.0以上の裸眼視力が得られる事が有る。
しかし40代半ばぐらいから老眼を自覚するようになり、老眼鏡が絶対に必要となる。
ゆえに、レーザー手術で近視が改善しても、めがねは必要だと云う事である。

また、他の医院で受けて効果がなかったと云うケースの場合でも、別の医院で成就する可能性が有る。
再手術の熱望があるのなら、別の医院で再チャレンジしてみるのも一考である。



スポンサーサイト



17 : 26 : 48 | 日記 | page top↑

視力回復 一ヶ月

健康診察等では、視力表を用いて視力を検査する。
これは裸眼視力と云って、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力で、屈折の異常を決断する為、あまり精密な検査とは云えない。
正確に屈折の異常を測定する為には、アレンジを休ませた状態でなければならず、子供のケースの場合は殊更に、アレンジを休ませる事はむずかしいのが現実である。

殊更に日本では、まだ一般的に認知されているとはいいがたいのが事実である。
ただ、浸透しているとはいえなくても、プロスポーツ選手や超有名人、芸能人がレーシック手術体験者となって、急速に認知度は高まりつつ有る。
ここ数年で日本国内でも、レーシック手術を実践する、クリニックや医院が急増している。
但しこの手術の費用は、自由診療であるためクリニックや医院により幅が有る。

老眼の症状は、本を詠む時に本を目から離さないと良くみえない、薄暗いところではちっぽけな字が詠みにくい、細かい仕事をすると目が疲労を実感する、と云うものである。
このような症状を実感したら、老眼が開始してきたと考慮される。
こういった具合に老眼と云うのは、あくまで近いところを観るのに不便を実感するように成ると云う為、遠いところをみる視力には関係ないのだ。

放射状角膜切開術のケースの場合も、当然、度の落ち着かない子供には勧められない。
また度の落ち着いたおとなの方でも、老眼になったあとの事を考慮すると、危険を冒してまではたして近視手術で視力を回復させるべきかどうか、よく熟慮する必要があるのじゃないだろうか。



16 : 08 : 31 | 日記 | page top↑

視力回復 絵

近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。
1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

老眼の症状は、本を詠む時に本を目から離さないと良くみえない、薄暗いところではちっぽけな字が詠みにくい、細かい仕事をすると目が疲労を実感する、と云うものである。
このような症状を実感したら、老眼が開始してきたと考慮される。
こういった具合に老眼と云うのは、あくまで近いところを観るのに不便を実感するように成ると云う為、遠いところをみる視力には関係ないのだ。

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを用意した方が良いかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。



16 : 52 : 27 | 日記 | page top↑

視力回復 成功談

近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。
1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

近いところをみるのには問題がない近視は、手元の仕事が少なくない現代社会に於いてはかえって疲労を感じにくいと云うメリットが有るが、遠視のケースの場合は、遠いところを観るのにも、近いところ観るのにも努力を要し、その疲れは近視以上である。
その為幼い子供のケースの場合等、殊更に飽きっぽくなったりして勉学に支障が及ぶから、周囲の配慮と、早目の治療が必要である。

また、他の医院で受けて効果がなかったと云うケースの場合でも、別の医院で成就する可能性が有る。
再手術の熱望があるのなら、別の医院で再チャレンジしてみるのも一考である。



17 : 19 : 34 | 日記 | page top↑

視力回復 片目

視力回復のための最新の方法として、注目されているのが、「レーシック」である。
レーシックと云うのは、角膜屈折矯正手術の一種である。
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変える事で、視力の回復を目指す手術である。
但しこの方法は、熱望する全員が受けられるものじゃないのだ。
角膜厚が足りないケースの場合や、合併症がある等で、で適応出きない人がいる。
また、近視が進展しつつある10代等、若いうちは手術が受けられない。
18歳以降なら可能に成る。

老眼と云うのは、中年前後に近いところをみえにくくなった状態をいう。
老眼に成ると、遠視と混同されがちであるが、遠視は屈折の異常で在り、年齢とは無関係である。
これに対して老眼は、アレンジの異常である。
問題は近いところを観るときだけである。
老眼は、中年以降になれば、遠視の人にも、近視の人にも生じる可能性があるのである。

例を挙げると、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けた例が超有名である。
彼の手術に影響され、視力に苦しむスポーツ選手のおおくが手術を受けたと云う。
これ以外、プロ野球選手の中にも、例を挙げると、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で実行される試合がおおくなった影響で視力の低下を招いた事から手術を受けた例も有る。

但し航空体検査基準では、レーシックによる視力回復は不適合となる。
つまり、日本の航空各社のケースの場合、レーシックで視力を回復させたとしても、パイロットにはなれないと云う事である。
一定以上の視力を必要とする職業に於いてレーシックでの回復を認めていない例は、決して少なくないのである。



16 : 16 : 27 | 日記 | page top↑

視力回復 するのか

遠くのほうをみると上手くピントが合わず、ハッキリみえないのは、屈折異常が原因である。
このうち近視と云うのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を連結する為におくるのだ。

近視には2通り有る:
・シンプル近視(良性近視)
・病的近視(悪性近視)

シンプル近視は、視力回復と云う点にかんする限り、コンタクトレンズやめがねを使用して矯正視力が出れば問題はないのだ。
一般的に小学校高学年ほどから中学校くらいから開始する事が少なくない事から、学校近視とも呼称される。

今までのハードレンズは、酸素を通さなかった、もしくは不充分だった事から、酸素不足による角膜障害がおきていたし、ソフトレンズのケースの場合も、まれではあるといえ、感染症が起き、これが角膜障害をもたらしていた。
いずれにしても、現状、改良が進み、落ち着いて装着出きるようになりつつ有る。

・眼鏡やコンタクトレンズが不必要に成ると云うメリットは有る。
スポーツ選手がこの手術を受ける例が少なくないのはこのためである。
また、警察官・電車の運転手等、就業にあるレベルの裸眼視力が必要なケースの場合、就職前にこの手術を受けて視力を回復させているケースが有る。

めがねやコンタクトレンズなしの生活がどれほど快適であるかは、日頃、殊更に運動時等に不自由を実感して居る方なら痛感して居る事だろう。
しかしながら、まだこのような「不確実な段階」である事を考え、そのメリットと危険度を考慮して、承知のいく視力回復方法を選定する事が肝心である。




18 : 27 : 17 | 日記 | page top↑

視力回復 コンタクト

視力回復の基本がめがねとコンタクトレンズである事は、多種多様な最新の治療法が開発されている現状に於いても、やっぱり変わりはなにようである。
しかしながら、酸素透過性のハードレンズの普及で、今まで、コンタクトレンズ使用者に多かった角膜障害が途方もなく減少した。

日本には、「仮性近視」もしくは「偽近視」と云う考え方が有る。
詠書や勉強等、近くのものを観る仕事をつづけた為に一時的に近視の状態になったと云うものである。
これは日本独自の理論で在り、近頃は否定的にとらえられている。

めがねとコンタクトレンズでは、どちらが安全か、と云う問題で云えば、やっぱりめがねのほうが安全かも知れない。
今のめがねは殆どプラスチックであるから、割れて角膜を損傷させる事もないのだし、ごみや花粉等も入ってこない。
しかし注意していればどちらもさほど問題はないようである。

斜視の治療はできる限り早期に実践するべきである。
現状は、アレンジ性内斜視と云ってピント合わせの努力をするのに結びついて生起する斜視以外の斜視のケースの場合は、手術が治療の中心である。
眼球の向きを変える為に眼球の外部にかんしている6つの筋肉を手術に拠って強めたり、弱めたりするのである。
必要に拠っては両眼に施術する必要が有る。



16 : 19 : 34 | 日記 | page top↑

視力回復 食品

現状、眼科領域の治療は目ざましく発達している。
コンタクトレンズ、手術、レーザー治療、人口水晶体、角膜移植、薬物治療等、選択肢が広がりつつ有る。
視力はどれほど回復するのだろうか、また目の病気はどこまで治せるのだろうか。
しかしながら、まだ歴史が浅い分、安全な術法が確立していないものも有る。
安全で、確実に治療、改善する為には、どのような事に留意する必要があるのだろうか?

しかしこの術法のケースの場合、近視が回復もしくは低減すると云うメリットは有るが、その危険性がある事も確かである。
例を挙げると、途方もなく深く傷つけないと屈折度が変わらず、しかも屈折度が安定しないで、遠視に成る人がいるのが現実であるためす。
これらの危険性を考慮したうえで、また長い目で観て本当に必要かどうかをよく考慮して、手術を受けるかどうかを決断すべきである。

例を挙げると、ある眼科医院では、3年間保障をうたってる。
時間の経過と共に視力が低下したケースの場合、術後3年以内であれば無料で再手術をすると云うものである。
このような保障をうたってると云う事自体が、その医院が自身の手術に自信をもってると云う証拠でもあると云えるかも知れない。

また、子供の頃に近視は開始するのが殆どであるが、20歳を過ぎれば近視はさほど進まなくなる為、過剰な懸念は不必要である。
20歳から25歳で屈折状態の変化はとまり、近視の度の進展もこの前後で留まるのである。
屈折状態の年齢分布を観ると、就学前の幼児や小学校低学年の間は、遠視が少なくないのが現実である。
学年が進むにつれて近視の割合が増大してくるのである。



19 : 14 : 36 | 日記 | page top↑

視力回復 高校生

近視の視力回復のための治療や、矯正には、めがねやコンタクトレンズのほか、手術等の可能性も有るが、老眼のケースの場合は、老眼鏡を使用する他ないのだ。
老眼は、眼のなかでレンズの働きをしている水晶体の弾力性が加齢と共に弱まった為に生じる症状である。
治療に拠ってこの弾力性を強める事は出きない。
本を詠む時に本を目から離さないとよくみえない等、老眼の症状が開始したら、結局のところ、不自由であれば老眼鏡をつくり、必要に応じてかけるしかなさそうである。

乱視の原因は、殊更に角膜に有る。
生まれつきの事が少なくないのであるが、角膜の病気によるもののほか、白内障の手術後、角膜移植後等にも生じる。

手術のなかでは、「フラップ」と云う蓋状のものを作成するが、この手術では、アルコール等の薬品を使用しない為、それに結びつく正確性の低下・角膜への負担等の危険度の懸念が多くはないと云える。
他方、短所も有る。
術後に痛みが結びつく事から、3から7日レベル保護用のコンタクトレンズを着用する必要が有る。

めがねやコンタクトレンズなしの生活がどれほど快適であるかは、日頃、殊更に運動時等に不自由を実感して居る方なら痛感して居る事だろう。
しかしながら、まだこのような「不確実な段階」である事を考え、そのメリットと危険度を考慮して、承知のいく視力回復方法を選定する事が肝心である。




16 : 42 : 21 | 日記 | page top↑

視力回復 眼科 東京

近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。
1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

★裸眼視力、つまり、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力、はほぼ間ちがいなく飛躍的に向上するが、矯正視力、つまり眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力は、かえって低下する事が有る。

★角膜を削りすぎたケースの場合、遠視に成る危険が有る。
これを再度修正する事は困難である。

乱視のレベルが軽いケースの場合は、遠視と同じようにアレンジする事であるレベルは視力が回復し、物がハッキリとみえるように成る。
しかし度がつよくなるとアレンジしきれず、充分な視力の回復は望めない。
ゆえにめがねを用いて矯正する事に成る。
正乱視のケースの場合は、円柱レンズと云うレンズを用いためがねで矯正する。
他方、不正乱視のケースの場合は、コンタクトレンズで矯正する。



17 : 02 : 50 | 日記 | page top↑

視力回復 画像 効果

コンタクトレンズやめがねによる、視力回復、矯正の煩わしさから、視力矯正手術を増大する人が急増している。
タイガー・ウッズ選手等、スポーツ選手の術例がたすう報告され、話のネタをよんだ事が、手術熱望者の増加に拍車をかけているようである。
しかしながら、まだ歴史が浅い手術である事から、安全性が確立されていない。
メリットと同様、危険度もよく把握したうえで施術すべきかどうかの決断をするべきだろう。

1.対話

まず初めは、対話をし、カウンセリングを受けながら予約を入れる。
ついでにレーシックのケースの場合、両眼で15000円ほどかかるようである。
但し片眼ずつに分けて手術したケースの場合には、料金が変わってくる事が有る為、ご対話の眼科にご確認欲しい。

近いところをみるのには問題がない近視は、手元の仕事が少なくない現代社会に於いてはかえって疲労を感じにくいと云うメリットが有るが、遠視のケースの場合は、遠いところを観るのにも、近いところ観るのにも努力を要し、その疲れは近視以上である。
その為幼い子供のケースの場合等、殊更に飽きっぽくなったりして勉学に支障が及ぶから、周囲の配慮と、早目の治療が必要である。

但し全部の選手がレーシックを受ける訳でもないのだ。
例を挙げると、古田敦也のように眼鏡を使用して現役を全うした選手もいる。
レーシックは、まだ歴史も浅く、確実な手術とはいいがたいのである。
例を挙げると、東北楽天ゴールデンイーグルスの一場靖弘投手は、手術に失敗した。
彼は、右目が角膜炎を発症し、入院する事になったのである。
右目視力は一時0.04まで低下し、失明の危機もあったほどである。
後に回復したが、やっぱり手術は安易には考慮してはいけないのである。



18 : 06 : 46 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.