FC2ブログ

視力回復 将来

近頃、めがねやコンタクトレンズを使用しないで視力の回復、矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人が増大している。
1番一般的なものは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)であるが、その一形態として「イントラレーシック」と云う、視力矯正手術が有る。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

日本人のケースの場合、裸眼視力は0.1くらいの人が少なくないのである。
これらの人が老眼に成ると、近いところはかえってめがねなしでみえるように成る、と云うメリットがある事を御存知だろうか?
レーザー手術を受けたケースの場合、術後は両眼共に1.0以上の裸眼視力が得られる事が有る。
しかし40代半ばぐらいから老眼を自覚するようになり、老眼鏡が絶対に必要となる。
ゆえに、レーザー手術で近視が改善しても、めがねは必要だと云う事である。

但し子供のケースの場合は、おのれでコンタクトレンズの扱いが出きるまではめがねの方が良いだろう。
そうなると、コンタクトレンズは、やっぱり中学生ぐらいからと云う事に成る。
ただ、医学的な面からコンタクトレンズを使用したほうが良いと云うケースの場合も有る。
左右の度がちがう人、円錐角膜と云う病気をもってる人、近視が途方もなくつよい人のケースの場合である。
これらの人は、大人の方も含め、めがねよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようである。



スポンサーサイト



02 : 16 : 39 | 日記 | page top↑

視力回復 手術 種類

近視の視力回復のための治療や、矯正には、めがねやコンタクトレンズのほか、手術等の可能性も有るが、老眼のケースの場合は、老眼鏡を使用する他ないのだ。
老眼は、眼のなかでレンズの働きをしている水晶体の弾力性が加齢と共に弱まった為に生じる症状である。
治療に拠ってこの弾力性を強める事は出きない。
本を詠む時に本を目から離さないとよくみえない等、老眼の症状が開始したら、結局のところ、不自由であれば老眼鏡をつくり、必要に応じてかけるしかなさそうである。

老眼鏡は近くを観るための専用のめがねである。
ゆえに、近視や遠視の人は、遠くを観るためのめがねと老眼鏡の二つが必要となるのである。
このケースの場合、めがねは別々のものを2つ用意しても、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ、「多焦点レンズ」としても構わない。
後者のようなレンズのケースの場合、いちいちかけなおす手間が省ける事からべんりとは云えるが、ハッキリとみえる視野が狭くなると云う短所が有る。

近視は、ふつう、眼球の奥行き、つまり眼軸が伸長して生じる。
眼軸を縮める事は不可能であるため、角膜の屈折力を弱める事で、近視を改善し、視力を回復させる。

近視の手術には、以下の2つの方法が有る:
・メスを用いる放射状角膜切開術・・・・・・RK
・エキシマレーザーを用いる角膜切開術・・・・・・PRK

但し航空体検査基準では、レーシックによる視力回復は不適合となる。
つまり、日本の航空各社のケースの場合、レーシックで視力を回復させたとしても、パイロットにはなれないと云う事である。
一定以上の視力を必要とする職業に於いてレーシックでの回復を認めていない例は、決して少なくないのである。



02 : 13 : 17 | 日記 | page top↑

視力回復 金太郎

レーシックは、新たな視力回復方法として注目されている手術である。
しかし目の手術と云う事で懸念はつかない。
現実、危険じゃないのだろうか?

乱視の原因は、殊更に角膜に有る。
生まれつきの事が少なくないのであるが、角膜の病気によるもののほか、白内障の手術後、角膜移植後等にも生じる。

・眼鏡やコンタクトレンズが不必要に成ると云うメリットは有る。
スポーツ選手がこの手術を受ける例が少なくないのはこのためである。
また、警察官・電車の運転手等、就業にあるレベルの裸眼視力が必要なケースの場合、就職前にこの手術を受けて視力を回復させているケースが有る。

放射状角膜切開術のケースの場合も、当然、度の落ち着かない子供には勧められない。
また度の落ち着いたおとなの方でも、老眼になったあとの事を考慮すると、危険を冒してまではたして近視手術で視力を回復させるべきかどうか、よく熟慮する必要があるのじゃないだろうか。



02 : 07 : 14 | 日記 | page top↑

3d 視力回復 グラビア

現状、眼科領域の治療はめざましく発達している。
新たに話のネタと為ってる視力回復、視力矯正の方法として、レーザー治療が話のネタであるが、他にも「超音波治療」や「人口水晶体」が有る。

乱視の原因は、殊更に角膜に有る。
生まれつきの事が少なくないのであるが、角膜の病気によるもののほか、白内障の手術後、角膜移植後等にも生じる。

・眼鏡やコンタクトレンズが不必要に成ると云うメリットは有る。
スポーツ選手がこの手術を受ける例が少なくないのはこのためである。
また、警察官・電車の運転手等、就業にあるレベルの裸眼視力が必要なケースの場合、就職前にこの手術を受けて視力を回復させているケースが有る。

めがねやコンタクトレンズなしの生活がどれほど快適であるかは、日頃、殊更に運動時等に不自由を実感して居る方なら痛感して居る事だろう。
しかしながら、まだこのような「不確実な段階」である事を考え、そのメリットと危険度を考慮して、承知のいく視力回復方法を選定する事が肝心である。




02 : 07 : 14 | 日記 | page top↑

視力回復 習慣

めがねやコンタクトレンズ使用の煩わしさから、視力回復、矯正の為に手術を受ける人が急増している。
殊更に、レーシック手術は、ゴルファーのタイガー・ウッズ選手や、野球選手の松坂大輔選手等が受けた事から話のネタにもなった。
しかしながら、失敗例も在り、まだ完璧な手術とは云えないのが現状である。

普段、ハードコンタクトレンズを使用している人は、1週間前からコンタクトレンズの使用を中止する。
ソフトレンズを使用している人のケースの場合も、3日前から使用を中止する。
使い捨てタイプもソフトレンズのケースの場合と同様である。
ゆえに、当日は、コンタクトを使用せず、めがねで来院する事に成る。

日本人のケースの場合、裸眼視力は0.1くらいの人が少なくないのである。
これらの人が老眼に成ると、近いところはかえってめがねなしでみえるように成る、と云うメリットがある事を御存知だろうか?
レーザー手術を受けたケースの場合、術後は両眼共に1.0以上の裸眼視力が得られる事が有る。
しかし40代半ばぐらいから老眼を自覚するようになり、老眼鏡が絶対に必要となる。
ゆえに、レーザー手術で近視が改善しても、めがねは必要だと云う事である。

更に、乱視の種類に拠っては、乱視用眼鏡の矯正にすら劣るケースの場合もあるのである。
手術は全部にかんして云える事であるが、完璧はないのだ。
あらゆる危険度を考え、その危険度を冒すだけのメリットがあるのかどうかをよく熟慮したうえで、施術するかどうかの決断をすべきだろう。



02 : 02 : 43 | 日記 | page top↑

視力回復 ツボ 足

視力回復の基本がめがねとコンタクトレンズである事は、多種多様な最新の治療法が開発されている現状に於いても、やっぱり変わりはなにようである。
しかしながら、酸素透過性のハードレンズの普及で、今まで、コンタクトレンズ使用者に多かった角膜障害が途方もなく減少した。

レーシックのメリットは、眼鏡やコンタクトレンズが必要なくなる事である。
この手術の受ける人のなかで、スポーツ選手が少なくないのもこのためである。
また就業にあるレベルの裸眼視力が必要な職業である、警察官や電車の運転手等を熱望する人の中でも、就職前にこの手術を受けているケースの場合が有る。

近いところをみるのには問題がない近視は、手元の仕事が少なくない現代社会に於いてはかえって疲労を感じにくいと云うメリットが有るが、遠視のケースの場合は、遠いところを観るのにも、近いところ観るのにも努力を要し、その疲れは近視以上である。
その為幼い子供のケースの場合等、殊更に飽きっぽくなったりして勉学に支障が及ぶから、周囲の配慮と、早目の治療が必要である。

但しごくまれとはいえ、再近視化と云って、視力がまた悪化してしまう方がいる事も確かであるし、現実、野球の選手でこの手術を受け、失明の危険に陥った人もいつ事は事実であるから、決して安易に考慮するべきじゃないだろう。
再近視化したケースの場合に保障はあるのかどうかを事前に確認しておくべきである。



02 : 04 : 43 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.