FC2ブログ

視力回復 涙

近頃、めがねやコンタクトレンズを使用しないで視力の回復、矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人が増大している。
1番一般的なものは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)であるが、その一形態として「イントラレーシック」と云う、視力矯正手術が有る。

乱視の原因は、殊更に角膜に有る。
生まれつきの事が少なくないのであるが、角膜の病気によるもののほか、白内障の手術後、角膜移植後等にも生じる。

手術の当日は、瞳孔をオープンして目の奥を検査するための目薬をさす事に成る。
瞳孔がもとの状態にもどるまでに4から5時間かかる事から、その間、眩しかったり、細かい文字が見えづらくなる為、ご本人の運転は控える。
る。
また、術後は視力が落ち着かない事から、やっぱりご本人は車の運転を控えるべきである。

やっぱり視力回復とまではいかないまでも、視力矯正の方法としては、基本的にめがねとコンタクトである事に変わりはないのが現状である。
近頃はより心地よいコンタクトレンズも開発されている。
目に優しいレンズを選定する事が現状としては最重要な選定なのかも知れない。



スポンサーサイト



16 : 00 : 40 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.