FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 生活

コンタクトレンズやめがねによる、視力回復、矯正の煩わしさから、視力矯正手術を増大する人が急増している。
タイガー・ウッズ選手等、スポーツ選手の術例がたすう報告され、話のネタをよんだ事が、手術熱望者の増加に拍車をかけているようである。
しかしながら、まだ歴史が浅い手術である事から、安全性が確立されていない。
メリットと同様、危険度もよく把握したうえで施術すべきかどうかの決断をするべきだろう。

イントラレーシックと、一般的なレーシックにはどのようなちがいがあるのだろうか。
大きなちがいは、フラップと云って、角膜に作成するフタの作成方法に有る。
通常のレーシックのケースの場合、「マイクロケラトーム」と云う電動カンナのような装置でフラップを作成する。
他方、イントラレーシックでは、イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御に拠ってフラップを精密に作成する。
これに拠って、一段と安全で正確にフラップを作成する事が可能に成るのである。

2.カウンセリング、適応検査、術前検査
・詳しく検査を行い、レーシック手術を受けられるかどうかを吟味する。
それに基づき、ドクターやスタッフが細かいカウンセリングを実践する。

この時点で、自身の熱望や懸念点等をキッチリと伝達し、承知する事が肝心である。
また、目の病気がないかどうかの一般的な検査も受けておくべきだろう。

・更に専門の検査医による、精密検査が行われ、レーザーの照射量を決定する為に正確な視力検査が実行される。

また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいるが、老眼鏡をかけたからと云って症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもないのだ。
不自由を実感しながらもかけるのをガマンしている必要はないだろう。



スポンサーサイト
17 : 39 : 14 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。