FC2ブログ

視力回復 超音波 効果

視力を回復させたいと云うのは、日頃コンタクトレンズやめがねで煩わしさをいやと云うほど実感している人にとって、つよい願望だろう。
現状では、めがねやコンタクトレンズ以外の視力矯正手術が実行されるケースが急速に増大してきている。

視力矯正手術には以下のような種類が有る:

・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ラセック
・ウェーブフロント
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)

コンタクトレンズとめがねの煩わしさを1番痛感しているのは、たぶんスポーツ選手だろう。
視力回復及び矯正の手術を受けた例もスポーツ選手が圧倒的に少なくないようである。
殊更にレーシック手術にかんしては、スポーツ選手の手術例が少なくないようである。

何よりものメリットは、手術の為に入院をする必要性がない事だろう。
短時間で済むからである。
また、生命保険が活用される事も在り、そうなれば手術費用がほぼ無料に成るケースも有る。

エピレーシックは、PRKやラセック等と同様で、分類としては表面照射と云う術式に入る。
この手術では、他の表面照射の屈折矯正手術とおなじ様にボーマン膜をレーザーで取り除くるのだ。
そして、角膜実質層を削る事で視力を回復するのである。
エピレーシックは、新しい術法である事からまだ安全性が確立されているとは云えない。
メリットと危険度をよく把握したうえで手術を受けるかどうかの決断をするべきである。



スポンサーサイト



17 : 33 : 53 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.