FC2ブログ

視力回復 スマホやめる

レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。
術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事に成る。
その為遠方から手術の為に来院された方は、おのれのお近くの眼科医院で検診を受けられるよう案内状を記述してもらえるよう依頼すると良いだろう。

例を挙げると、近頃、視力回復の適切な方法として、レーシック手術が注目されている。
しかしレーシックの安全性、適切性をうたう眼科医院でさえ、手術にかんする承諾書で以下のような注意点をあげている:

「術前に近視がつよい人のケースの場合殊更に、暗いところや夜間に見え方が良くない事がある・また夜間に、明るい光の周辺に輪状のもやがつく(ハロー)、夜間の照明が眩しい(グレア)、放射状に光がみえる(スターバスト)事が、ある。」

2.カウンセリング、適応検査、術前検査
・詳しく検査を行い、レーシック手術を受けられるかどうかを吟味する。
それに基づき、ドクターやスタッフが細かいカウンセリングを実践する。

この時点で、自身の熱望や懸念点等をキッチリと伝達し、承知する事が肝心である。
また、目の病気がないかどうかの一般的な検査も受けておくべきだろう。

・更に専門の検査医による、精密検査が行われ、レーザーの照射量を決定する為に正確な視力検査が実行される。

やっぱり視力回復とまではいかないまでも、視力矯正の方法としては、基本的にめがねとコンタクトである事に変わりはないのが現状である。
近頃はより心地よいコンタクトレンズも開発されている。
目に優しいレンズを選定する事が現状としては最重要な選定なのかも知れない。



スポンサーサイト



17 : 01 : 19 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.