FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 画像 効果

コンタクトレンズやめがねによる、視力回復、矯正の煩わしさから、視力矯正手術を増大する人が急増している。
タイガー・ウッズ選手等、スポーツ選手の術例がたすう報告され、話のネタをよんだ事が、手術熱望者の増加に拍車をかけているようである。
しかしながら、まだ歴史が浅い手術である事から、安全性が確立されていない。
メリットと同様、危険度もよく把握したうえで施術すべきかどうかの決断をするべきだろう。

1.対話

まず初めは、対話をし、カウンセリングを受けながら予約を入れる。
ついでにレーシックのケースの場合、両眼で15000円ほどかかるようである。
但し片眼ずつに分けて手術したケースの場合には、料金が変わってくる事が有る為、ご対話の眼科にご確認欲しい。

近いところをみるのには問題がない近視は、手元の仕事が少なくない現代社会に於いてはかえって疲労を感じにくいと云うメリットが有るが、遠視のケースの場合は、遠いところを観るのにも、近いところ観るのにも努力を要し、その疲れは近視以上である。
その為幼い子供のケースの場合等、殊更に飽きっぽくなったりして勉学に支障が及ぶから、周囲の配慮と、早目の治療が必要である。

但し全部の選手がレーシックを受ける訳でもないのだ。
例を挙げると、古田敦也のように眼鏡を使用して現役を全うした選手もいる。
レーシックは、まだ歴史も浅く、確実な手術とはいいがたいのである。
例を挙げると、東北楽天ゴールデンイーグルスの一場靖弘投手は、手術に失敗した。
彼は、右目が角膜炎を発症し、入院する事になったのである。
右目視力は一時0.04まで低下し、失明の危機もあったほどである。
後に回復したが、やっぱり手術は安易には考慮してはいけないのである。



スポンサーサイト
18 : 06 : 46 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。