FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 眼科 東京

近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。
1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

★裸眼視力、つまり、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力、はほぼ間ちがいなく飛躍的に向上するが、矯正視力、つまり眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力は、かえって低下する事が有る。

★角膜を削りすぎたケースの場合、遠視に成る危険が有る。
これを再度修正する事は困難である。

乱視のレベルが軽いケースの場合は、遠視と同じようにアレンジする事であるレベルは視力が回復し、物がハッキリとみえるように成る。
しかし度がつよくなるとアレンジしきれず、充分な視力の回復は望めない。
ゆえにめがねを用いて矯正する事に成る。
正乱視のケースの場合は、円柱レンズと云うレンズを用いためがねで矯正する。
他方、不正乱視のケースの場合は、コンタクトレンズで矯正する。



スポンサーサイト
17 : 02 : 50 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。