FC2ブログ

視力回復 食品

現状、眼科領域の治療は目ざましく発達している。
コンタクトレンズ、手術、レーザー治療、人口水晶体、角膜移植、薬物治療等、選択肢が広がりつつ有る。
視力はどれほど回復するのだろうか、また目の病気はどこまで治せるのだろうか。
しかしながら、まだ歴史が浅い分、安全な術法が確立していないものも有る。
安全で、確実に治療、改善する為には、どのような事に留意する必要があるのだろうか?

しかしこの術法のケースの場合、近視が回復もしくは低減すると云うメリットは有るが、その危険性がある事も確かである。
例を挙げると、途方もなく深く傷つけないと屈折度が変わらず、しかも屈折度が安定しないで、遠視に成る人がいるのが現実であるためす。
これらの危険性を考慮したうえで、また長い目で観て本当に必要かどうかをよく考慮して、手術を受けるかどうかを決断すべきである。

例を挙げると、ある眼科医院では、3年間保障をうたってる。
時間の経過と共に視力が低下したケースの場合、術後3年以内であれば無料で再手術をすると云うものである。
このような保障をうたってると云う事自体が、その医院が自身の手術に自信をもってると云う証拠でもあると云えるかも知れない。

また、子供の頃に近視は開始するのが殆どであるが、20歳を過ぎれば近視はさほど進まなくなる為、過剰な懸念は不必要である。
20歳から25歳で屈折状態の変化はとまり、近視の度の進展もこの前後で留まるのである。
屈折状態の年齢分布を観ると、就学前の幼児や小学校低学年の間は、遠視が少なくないのが現実である。
学年が進むにつれて近視の割合が増大してくるのである。



スポンサーサイト



19 : 14 : 36 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.