FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 コンタクト

視力回復の基本がめがねとコンタクトレンズである事は、多種多様な最新の治療法が開発されている現状に於いても、やっぱり変わりはなにようである。
しかしながら、酸素透過性のハードレンズの普及で、今まで、コンタクトレンズ使用者に多かった角膜障害が途方もなく減少した。

日本には、「仮性近視」もしくは「偽近視」と云う考え方が有る。
詠書や勉強等、近くのものを観る仕事をつづけた為に一時的に近視の状態になったと云うものである。
これは日本独自の理論で在り、近頃は否定的にとらえられている。

めがねとコンタクトレンズでは、どちらが安全か、と云う問題で云えば、やっぱりめがねのほうが安全かも知れない。
今のめがねは殆どプラスチックであるから、割れて角膜を損傷させる事もないのだし、ごみや花粉等も入ってこない。
しかし注意していればどちらもさほど問題はないようである。

斜視の治療はできる限り早期に実践するべきである。
現状は、アレンジ性内斜視と云ってピント合わせの努力をするのに結びついて生起する斜視以外の斜視のケースの場合は、手術が治療の中心である。
眼球の向きを変える為に眼球の外部にかんしている6つの筋肉を手術に拠って強めたり、弱めたりするのである。
必要に拠っては両眼に施術する必要が有る。



スポンサーサイト
16 : 19 : 34 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。