FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 するのか

遠くのほうをみると上手くピントが合わず、ハッキリみえないのは、屈折異常が原因である。
このうち近視と云うのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を連結する為におくるのだ。

近視には2通り有る:
・シンプル近視(良性近視)
・病的近視(悪性近視)

シンプル近視は、視力回復と云う点にかんする限り、コンタクトレンズやめがねを使用して矯正視力が出れば問題はないのだ。
一般的に小学校高学年ほどから中学校くらいから開始する事が少なくない事から、学校近視とも呼称される。

今までのハードレンズは、酸素を通さなかった、もしくは不充分だった事から、酸素不足による角膜障害がおきていたし、ソフトレンズのケースの場合も、まれではあるといえ、感染症が起き、これが角膜障害をもたらしていた。
いずれにしても、現状、改良が進み、落ち着いて装着出きるようになりつつ有る。

・眼鏡やコンタクトレンズが不必要に成ると云うメリットは有る。
スポーツ選手がこの手術を受ける例が少なくないのはこのためである。
また、警察官・電車の運転手等、就業にあるレベルの裸眼視力が必要なケースの場合、就職前にこの手術を受けて視力を回復させているケースが有る。

めがねやコンタクトレンズなしの生活がどれほど快適であるかは、日頃、殊更に運動時等に不自由を実感して居る方なら痛感して居る事だろう。
しかしながら、まだこのような「不確実な段階」である事を考え、そのメリットと危険度を考慮して、承知のいく視力回復方法を選定する事が肝心である。




スポンサーサイト
18 : 27 : 17 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。