FC2ブログ

視力回復 片目

視力回復のための最新の方法として、注目されているのが、「レーシック」である。
レーシックと云うのは、角膜屈折矯正手術の一種である。
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変える事で、視力の回復を目指す手術である。
但しこの方法は、熱望する全員が受けられるものじゃないのだ。
角膜厚が足りないケースの場合や、合併症がある等で、で適応出きない人がいる。
また、近視が進展しつつある10代等、若いうちは手術が受けられない。
18歳以降なら可能に成る。

老眼と云うのは、中年前後に近いところをみえにくくなった状態をいう。
老眼に成ると、遠視と混同されがちであるが、遠視は屈折の異常で在り、年齢とは無関係である。
これに対して老眼は、アレンジの異常である。
問題は近いところを観るときだけである。
老眼は、中年以降になれば、遠視の人にも、近視の人にも生じる可能性があるのである。

例を挙げると、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けた例が超有名である。
彼の手術に影響され、視力に苦しむスポーツ選手のおおくが手術を受けたと云う。
これ以外、プロ野球選手の中にも、例を挙げると、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で実行される試合がおおくなった影響で視力の低下を招いた事から手術を受けた例も有る。

但し航空体検査基準では、レーシックによる視力回復は不適合となる。
つまり、日本の航空各社のケースの場合、レーシックで視力を回復させたとしても、パイロットにはなれないと云う事である。
一定以上の視力を必要とする職業に於いてレーシックでの回復を認めていない例は、決して少なくないのである。



スポンサーサイト



16 : 16 : 27 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.