FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 成功談

近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。
1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

近いところをみるのには問題がない近視は、手元の仕事が少なくない現代社会に於いてはかえって疲労を感じにくいと云うメリットが有るが、遠視のケースの場合は、遠いところを観るのにも、近いところ観るのにも努力を要し、その疲れは近視以上である。
その為幼い子供のケースの場合等、殊更に飽きっぽくなったりして勉学に支障が及ぶから、周囲の配慮と、早目の治療が必要である。

また、他の医院で受けて効果がなかったと云うケースの場合でも、別の医院で成就する可能性が有る。
再手術の熱望があるのなら、別の医院で再チャレンジしてみるのも一考である。



スポンサーサイト
17 : 19 : 34 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。