FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 絵

近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。
1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

老眼の症状は、本を詠む時に本を目から離さないと良くみえない、薄暗いところではちっぽけな字が詠みにくい、細かい仕事をすると目が疲労を実感する、と云うものである。
このような症状を実感したら、老眼が開始してきたと考慮される。
こういった具合に老眼と云うのは、あくまで近いところを観るのに不便を実感するように成ると云う為、遠いところをみる視力には関係ないのだ。

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを用意した方が良いかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。



スポンサーサイト
16 : 52 : 27 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。