FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 一ヶ月

健康診察等では、視力表を用いて視力を検査する。
これは裸眼視力と云って、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力で、屈折の異常を決断する為、あまり精密な検査とは云えない。
正確に屈折の異常を測定する為には、アレンジを休ませた状態でなければならず、子供のケースの場合は殊更に、アレンジを休ませる事はむずかしいのが現実である。

殊更に日本では、まだ一般的に認知されているとはいいがたいのが事実である。
ただ、浸透しているとはいえなくても、プロスポーツ選手や超有名人、芸能人がレーシック手術体験者となって、急速に認知度は高まりつつ有る。
ここ数年で日本国内でも、レーシック手術を実践する、クリニックや医院が急増している。
但しこの手術の費用は、自由診療であるためクリニックや医院により幅が有る。

老眼の症状は、本を詠む時に本を目から離さないと良くみえない、薄暗いところではちっぽけな字が詠みにくい、細かい仕事をすると目が疲労を実感する、と云うものである。
このような症状を実感したら、老眼が開始してきたと考慮される。
こういった具合に老眼と云うのは、あくまで近いところを観るのに不便を実感するように成ると云う為、遠いところをみる視力には関係ないのだ。

放射状角膜切開術のケースの場合も、当然、度の落ち着かない子供には勧められない。
また度の落ち着いたおとなの方でも、老眼になったあとの事を考慮すると、危険を冒してまではたして近視手術で視力を回復させるべきかどうか、よく熟慮する必要があるのじゃないだろうか。



スポンサーサイト
16 : 08 : 31 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。