FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 運動

視力回復のための最新の方法として、注目されているのが、「レーシック」である。
レーシックと云うのは、角膜屈折矯正手術の一種である。
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変える事で、視力の回復を目指す手術である。
但しこの方法は、熱望する全員が受けられるものじゃないのだ。
角膜厚が足りないケースの場合や、合併症がある等で、で適応出きない人がいる。
また、近視が進展しつつある10代等、若いうちは手術が受けられない。
18歳以降なら可能に成る。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

近視は、ふつう、眼球の奥行き、つまり眼軸が伸長して生じる。
眼軸を縮める事は不可能であるため、角膜の屈折力を弱める事で、近視を改善し、視力を回復させる。

近視の手術には、以下の2つの方法が有る:
・メスを用いる放射状角膜切開術・・・・・・RK
・エキシマレーザーを用いる角膜切開術・・・・・・PRK

・レーシックは、近視の進展をとめる手術じゃない事から、日頃から目をこき使用する等、近視になりやすい状況にある人は、一旦手術をしても再度近視に成る事が有る。

そもそもレーシック手術は、全員が受けられるものではなく、適応検査にパスした人のみが可能であるためす。
事前の検査、カウンセリング、術後のケアがよくキッチリとした医院での施術をお勧めする。



スポンサーサイト
17 : 09 : 54 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。