FC2ブログ

視力回復 群馬

レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。
術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事に成る。
その為遠方から手術の為に来院された方は、おのれのお近くの眼科医院で検診を受けられるよう案内状を記述してもらえるよう依頼すると良いだろう。

ウェーブフロントレーシックでは、近視や遠視・乱視等にかんして総合的に角膜形状解析を行い、そのデータをもとにして、ウェーブフロントアナライザと云うガイド役の指揮のもとレーシック手術が実行される。
今までのレーシックでは、角膜の形状異常に対しガイドはいない状態だった。
それと比較すると、ウェーブフロントレーシックでは、角膜高次収差に対して解析を実践するわけであるから、乱視の矯正にかんしては理論上有利と云える。

方法としては、マイクロケラトームとよばれるカンナのような機械で角膜の表面を薄く削り、ふたのような「フラップ」をつくり、めくのである。
そこにエキシマレーザーを照射して、角膜の一部を蒸散させるのである。
其の後、フラップを元の部分にもどして、フラップが自然に接着するまで待つ。
約2から3分である。

エピレーシックは、PRKやラセック等と同様で、分類としては表面照射と云う術式に入る。
この手術では、他の表面照射の屈折矯正手術とおなじ様にボーマン膜をレーザーで取り除くるのだ。
そして、角膜実質層を削る事で視力を回復するのである。
エピレーシックは、新しい術法である事からまだ安全性が確立されているとは云えない。
メリットと危険度をよく把握したうえで手術を受けるかどうかの決断をするべきである。



スポンサーサイト



02 : 00 : 40 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.