FC2ブログ

視力回復 値段

現状、眼科領域の治療はめざましく発達している。
新たに話のネタと為ってる視力回復、視力矯正の方法として、レーザー治療が話のネタであるが、他にも「超音波治療」や「人口水晶体」が有る。

他の手術同様、失敗、術後の合併症等の危険度が全くない訳でもないのだ。
しかも、歴史が浅い為、本当に長期にわたって安全がキープ出きるのかどうかの確証もないのが現実である。

これ以外、以下のような危険度が危惧されている:

★コントラスト感度の低下の可能性
★術後に、一過的にハロ・グレアが出現する可能性
★ドライアイ
★眼圧が術後現実の値よりも過小評価される、つまり手術前よりも低い値に成る為、眼圧検査時は、レーシックを受けた経験がある事を申告する必要が有る。

通常のレーシックのケースの場合でも、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成する事は可能とされている。
しかしながら、カンナ部分の往復運動が原因で、フラップの断面に、若干でこぼこが生じたり、ヒンジと云って、フラップのつなぎ目の部分が斜めに成る事が在り、この為に、まれにシワが生じる事があるのである。
他方、イントラレーシックのケースの場合は、コンピュータ制御に拠ってフラップを作成する為、断面もヒンジの部分も途方もなく精巧な仕上がりに成る。

また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいるが、老眼鏡をかけたからと云って症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもないのだ。
不自由を実感しながらもかけるのをガマンしている必要はないだろう。



スポンサーサイト



02 : 12 : 13 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.