FC2ブログ

視力回復 ツボ 乱視

視力矯正手術として、1番一般的なのは、「レーシック」・・・・・・正式名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・・・・である。
レーシックの中には、その一種として「エピレーシック」が有る。
エキシマレーザーを照射する事で近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方法の一つである。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

現実、どれほどの視力回復が望めるかは、事前の検査で確認しておくべきだろう。
きわめて強度の近視、乱視、及び老眼が重なった方のケースの場合は殊更にそうである。
また子供のケースの場合や妊娠中の方、及び全身疾患をお持ちのかたは手術を実践する事は出きない。
医院に拠っては、レーシック手術を受けた方の98パーセント以上が視力1.0以上に回復しており、残りの2パーセントの方も0.7以上になり、コンタクトンズやめがねの煩わしさから解放された、とうたってるところも有る。

放射状角膜切開術のケースの場合も、当然、度の落ち着かない子供には勧められない。
また度の落ち着いたおとなの方でも、老眼になったあとの事を考慮すると、危険を冒してまではたして近視手術で視力を回復させるべきかどうか、よく熟慮する必要があるのじゃないだろうか。



スポンサーサイト



02 : 06 : 10 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.