FC2ブログ

視力回復 札幌

詠書や勉強で近くのものをみる仕事がつづくと、一時的に近視の状態に成ると云う説を「仮性近視」もしくは「偽近視」と云うが、これは日本独自の考え方で、現状は否定的にとらえられている。
以前は、仮性近視に対する治療として、アレンジ麻痺薬と云う薬を夜就寝する前に点眼し、毛様体筋を休ませる方法が途方もなく広く実行されていた。
しかし薬の効果が疑惑視され、現状では、健康保険の適応外となった。

視力矯正手術のなかで1番超有名なのは、レーシック及び、その一種である、イントラレーシック、エピレーシック等であるが、これ以外にも、多種多様な手術が在り、現状、その技術は急速に発達しつつ有る:

・ラセック
・ウェーブフロント
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)

近いところをみるのには問題がない近視は、手元の仕事が少なくない現代社会に於いてはかえって疲労を感じにくいと云うメリットが有るが、遠視のケースの場合は、遠いところを観るのにも、近いところ観るのにも努力を要し、その疲れは近視以上である。
その為幼い子供のケースの場合等、殊更に飽きっぽくなったりして勉学に支障が及ぶから、周囲の配慮と、早目の治療が必要である。

やっぱり視力回復とまではいかないまでも、視力矯正の方法としては、基本的にめがねとコンタクトである事に変わりはないのが現状である。
近頃はより心地よいコンタクトレンズも開発されている。
目に優しいレンズを選定する事が現状としては最重要な選定なのかも知れない。



スポンサーサイト



02 : 11 : 38 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.