FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 カイフ

近視、遠視と云うイメージとは別に、「斜視」と云う目の症状が有る。
ものを観る時に、片方の目の視線は目標のものを向いているのに、もう他方の目の視線はあらぬ方向を向いているものが「斜視」である。
外見的に気に成るだけでなく、視力障害や両眼視異常に関係している事も在り、視力回復及び治療がむずかしい病気である。
両眼視と云うのは、右目と左目で観た2つの像を、脳で1つに纏めて(まとめて)みる感覚である。
立体感のような三次元の感覚は、両眼視から生じる。

エピレーシックは、他の表面照射の屈折矯正手術とおなじ様にボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削る事で視力を回復する。
通常のレーシックのケースの場合、目に対するつよい打撃や衝撃でフラップがずれたりする事が有るが、エピレーシックのケースの場合は、その懸念がないのだ。
また、おもったより、視力の回復や安定が早いとも云われている。

日本人のケースの場合、裸眼視力は0.1くらいの人が少なくないのである。
これらの人が老眼に成ると、近いところはかえってめがねなしでみえるように成る、と云うメリットがある事を御存知だろうか?
レーザー手術を受けたケースの場合、術後は両眼共に1.0以上の裸眼視力が得られる事が有る。
しかし40代半ばぐらいから老眼を自覚するようになり、老眼鏡が絶対に必要となる。
ゆえに、レーザー手術で近視が改善しても、めがねは必要だと云う事である。

更にイントラレーシックのほうが、今までのレーシックよりもフラップを薄く正確に作成する事が可能な事から、角膜実質層を削りとれる量が増大する。
その為、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正する事が出きるのである。
但し層間角膜炎(DLK)が生起したり、フラップの作成や接着に時間がかかる、と云った短所も指摘されている。



スポンサーサイト
23 : 43 : 19 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。