FC2ブログ

視力回復 徳島

遠くのほうをみると上手くピントが合わず、ハッキリみえないのは、屈折異常が原因である。
このうち近視と云うのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を連結する為におくるのだ。

近視には2通り有る:
・シンプル近視(良性近視)
・病的近視(悪性近視)

シンプル近視は、視力回復と云う点にかんする限り、コンタクトレンズやめがねを使用して矯正視力が出れば問題はないのだ。
一般的に小学校高学年ほどから中学校くらいから開始する事が少なくない事から、学校近視とも呼称される。

・術後に異物感を実感したり、しみたりする事が有る。

・手術中にまぶたを大幅にオープンする為に器具をつける事から、術後にまぶたがはれぼったくなり、開きづらくなる事も有る。

・結膜に内出血(結膜下出血)が起こり、白目が赤くなる事が有る。

*このような症状は、1晩で治るものもあれば、2週間ほどかかるものも有る。

手術のなかでは、「フラップ」と云う蓋状のものを作成するが、この手術では、アルコール等の薬品を使用しない為、それに結びつく正確性の低下・角膜への負担等の危険度の懸念が多くはないと云える。
他方、短所も有る。
術後に痛みが結びつく事から、3から7日レベル保護用のコンタクトレンズを着用する必要が有る。

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを用意した方が良いかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。



スポンサーサイト



04 : 35 : 50 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.