FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 体操

レーシック手術は、いくら日帰り可能であると云っても、手術である事に変わりはないだろうから、危険は有る。
当然、守るべき注意事項が有るし、手術当日から心地よい生活を即、送れるように成る訳でもないのだ。

殊更に日本では、まだ一般的に認知されているとはいいがたいのが事実である。
ただ、浸透しているとはいえなくても、プロスポーツ選手や超有名人、芸能人がレーシック手術体験者となって、急速に認知度は高まりつつ有る。
ここ数年で日本国内でも、レーシック手術を実践する、クリニックや医院が急増している。
但しこの手術の費用は、自由診療であるためクリニックや医院により幅が有る。

・眼鏡やコンタクトレンズが不必要に成ると云うメリットは有る。
スポーツ選手がこの手術を受ける例が少なくないのはこのためである。
また、警察官・電車の運転手等、就業にあるレベルの裸眼視力が必要なケースの場合、就職前にこの手術を受けて視力を回復させているケースが有る。

但し子供のケースの場合は、おのれでコンタクトレンズの扱いが出きるまではめがねの方が良いだろう。
そうなると、コンタクトレンズは、やっぱり中学生ぐらいからと云う事に成る。
ただ、医学的な面からコンタクトレンズを使用したほうが良いと云うケースの場合も有る。
左右の度がちがう人、円錐角膜と云う病気をもってる人、近視が途方もなくつよい人のケースの場合である。
これらの人は、大人の方も含め、めがねよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようである。



スポンサーサイト
02 : 13 : 36 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。