FC2ブログ

視力回復 気功

近視、遠視と云うイメージとは別に、「斜視」と云う目の症状が有る。
ものを観る時に、片方の目の視線は目標のものを向いているのに、もう他方の目の視線はあらぬ方向を向いているものが「斜視」である。
外見的に気に成るだけでなく、視力障害や両眼視異常に関係している事も在り、視力回復及び治療がむずかしい病気である。
両眼視と云うのは、右目と左目で観た2つの像を、脳で1つに纏めて(まとめて)みる感覚である。
立体感のような三次元の感覚は、両眼視から生じる。

イントラレーシックと、一般的なレーシックにはどのようなちがいがあるのだろうか。
大きなちがいは、フラップと云って、角膜に作成するフタの作成方法に有る。
通常のレーシックのケースの場合、「マイクロケラトーム」と云う電動カンナのような装置でフラップを作成する。
他方、イントラレーシックでは、イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御に拠ってフラップを精密に作成する。
これに拠って、一段と安全で正確にフラップを作成する事が可能に成るのである。

手術の当日は、瞳孔をオープンして目の奥を検査するための目薬をさす事に成る。
瞳孔がもとの状態にもどるまでに4から5時間かかる事から、その間、眩しかったり、細かい文字が見えづらくなる為、ご本人の運転は控える。
る。
また、術後は視力が落ち着かない事から、やっぱりご本人は車の運転を控えるべきである。

遠視のケースの場合も、遺伝的要素がつよいと云われる。
発達に伴い遠視は軽くなり、正や近視に成るケースの場合が少なくないのであるが、眼軸が伸びきらずに遠視のままで留まってしまう事も有る。
このようなケースの場合でも、めがねをかけて矯正視力が回復すれば問題にはならない。



スポンサーサイト



02 : 02 : 35 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.