FC2ブログ

視力回復 キンタロー

現状、眼科領域の治療はめざましく発達している。
新たに話のネタと為ってる視力回復、視力矯正の方法として、レーザー治療が話のネタであるが、他にも「超音波治療」や「人口水晶体」が有る。

・術後に異物感を実感したり、しみたりする事が有る。

・手術中にまぶたを大幅にオープンする為に器具をつける事から、術後にまぶたがはれぼったくなり、開きづらくなる事も有る。

・結膜に内出血(結膜下出血)が起こり、白目が赤くなる事が有る。

*このような症状は、1晩で治るものもあれば、2週間ほどかかるものも有る。

例を挙げると、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けた例が超有名である。
彼の手術に影響され、視力に苦しむスポーツ選手のおおくが手術を受けたと云う。
これ以外、プロ野球選手の中にも、例を挙げると、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で実行される試合がおおくなった影響で視力の低下を招いた事から手術を受けた例も有る。

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを用意した方が良いかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。



スポンサーサイト



02 : 05 : 45 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.