FC2ブログ

視力回復 手術 種類

近視の視力回復のための治療や、矯正には、めがねやコンタクトレンズのほか、手術等の可能性も有るが、老眼のケースの場合は、老眼鏡を使用する他ないのだ。
老眼は、眼のなかでレンズの働きをしている水晶体の弾力性が加齢と共に弱まった為に生じる症状である。
治療に拠ってこの弾力性を強める事は出きない。
本を詠む時に本を目から離さないとよくみえない等、老眼の症状が開始したら、結局のところ、不自由であれば老眼鏡をつくり、必要に応じてかけるしかなさそうである。

老眼鏡は近くを観るための専用のめがねである。
ゆえに、近視や遠視の人は、遠くを観るためのめがねと老眼鏡の二つが必要となるのである。
このケースの場合、めがねは別々のものを2つ用意しても、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ、「多焦点レンズ」としても構わない。
後者のようなレンズのケースの場合、いちいちかけなおす手間が省ける事からべんりとは云えるが、ハッキリとみえる視野が狭くなると云う短所が有る。

近視は、ふつう、眼球の奥行き、つまり眼軸が伸長して生じる。
眼軸を縮める事は不可能であるため、角膜の屈折力を弱める事で、近視を改善し、視力を回復させる。

近視の手術には、以下の2つの方法が有る:
・メスを用いる放射状角膜切開術・・・・・・RK
・エキシマレーザーを用いる角膜切開術・・・・・・PRK

但し航空体検査基準では、レーシックによる視力回復は不適合となる。
つまり、日本の航空各社のケースの場合、レーシックで視力を回復させたとしても、パイロットにはなれないと云う事である。
一定以上の視力を必要とする職業に於いてレーシックでの回復を認めていない例は、決して少なくないのである。



スポンサーサイト



02 : 13 : 17 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.