FC2ブログ

視力回復 マシン

視力回復の新しい方法として、レーシックと云う手術が話のネタに為ってる。
しかしあくまで手術であるから懸念が結びつくし、まだ歴史が浅い事から安全性が確立していない。
現実、どのような流れで進むのが、一般的な例をご案内する。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

★裸眼視力、つまり、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力、はほぼ間ちがいなく飛躍的に向上するが、矯正視力、つまり眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力は、かえって低下する事が有る。

★角膜を削りすぎたケースの場合、遠視に成る危険が有る。
これを再度修正する事は困難である。

個人差は有るが、不思議なほどに、朝になってコンタクトを外すとよくみえるようになり、1週間もすると効果が得れる。
途方もなく適切で、安全な治療法と云われている。



スポンサーサイト



11 : 08 : 33 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.