FC2ブログ

視力回復 食材

視力回復を願い、めがねやコンタクトレンズ以外の方法として手術を熱望する人が急増している。
めがねを使用しなくてもいい、等のメリットがある他方で、歴史が浅い手術である事から、術法が確立しておらず、安全性に問題がある等、医学的な課題があるのが現状である。
医学的短理由外にも、社会的な短所が有る。

老眼鏡は近くを観るための専用のめがねである。
ゆえに、近視や遠視の人は、遠くを観るためのめがねと老眼鏡の二つが必要となるのである。
このケースの場合、めがねは別々のものを2つ用意しても、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ、「多焦点レンズ」としても構わない。
後者のようなレンズのケースの場合、いちいちかけなおす手間が省ける事からべんりとは云えるが、ハッキリとみえる視野が狭くなると云う短所が有る。

近視は、ふつう、眼球の奥行き、つまり眼軸が伸長して生じる。
眼軸を縮める事は不可能であるため、角膜の屈折力を弱める事で、近視を改善し、視力を回復させる。

近視の手術には、以下の2つの方法が有る:
・メスを用いる放射状角膜切開術・・・・・・RK
・エキシマレーザーを用いる角膜切開術・・・・・・PRK

遠視のケースの場合も、遺伝的要素がつよいと云われる。
発達に伴い遠視は軽くなり、正や近視に成るケースの場合が少なくないのであるが、眼軸が伸びきらずに遠視のままで留まってしまう事も有る。
このようなケースの場合でも、めがねをかけて矯正視力が回復すれば問題にはならない。



スポンサーサイト



16 : 17 : 04 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.