FC2ブログ

視力回復 黒いメガネ

近視の人は、眼球が通常の人よりも大幅に、眼軸が長く為ってるのが特徴点である。
それを縮める事は不可能である。
しかし角膜の屈折を変える事で視力を回復させるのが、「放射状角膜切開術」と云うものである。

また、この薬は使用法を誤ると、緑内障を誘発する危険があるのである。
近視が改善したかどうかは、視力の回復ではなく、ジオプターと云う屈折度の単位で正確に測って比較する必要が有る。
これまでの報告ではこの測定が不充分だった事から、信用力に欠けると決断されたのである。

近視に成ると、遠いところをみる時にぼやける。
近いところは良くみえる。
シンプル近視のケースの場合は、近視の度がおもったより軽い事がおおく、めがねをかければ正常の視力まで矯正可能である。
近視の人は、近くを観る時には正視の人よりもアレンジしなくていい為、現代のように近くを観る事が少なくない社会では、かえって疲労を感じにくいと云うメリットもあるのである。

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを用意した方が良いかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。



スポンサーサイト



16 : 28 : 09 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.