FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 サプリ 口コミ

近頃、めがねやコンタクトレンズを使用しないで視力の回復、矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人が増大している。
1番一般的なものは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)であるが、その一形態として「イントラレーシック」と云う、視力矯正手術が有る。

他の手術同様、失敗、術後の合併症等の危険度が全くない訳でもないのだ。
しかも、歴史が浅い為、本当に長期にわたって安全がキープ出きるのかどうかの確証もないのが現実である。

これ以外、以下のような危険度が危惧されている:

★コントラスト感度の低下の可能性
★術後に、一過的にハロ・グレアが出現する可能性
★ドライアイ
★眼圧が術後現実の値よりも過小評価される、つまり手術前よりも低い値に成る為、眼圧検査時は、レーシックを受けた経験がある事を申告する必要が有る。

更に、常に生じる「恒常性斜視」とは別に、ときどき斜視の症状がこる事がある「間欠性斜視」が有る。
幼児期に起こり、見掛けは斜視のようであるためすが、現実には斜視じゃない「偽斜視」と云うイメージが有る。
これは乳児によく見られ、発達と共に自然に治る。

但し全部の選手がレーシックを受ける訳でもないのだ。
例を挙げると、古田敦也のように眼鏡を使用して現役を全うした選手もいる。
レーシックは、まだ歴史も浅く、確実な手術とはいいがたいのである。
例を挙げると、東北楽天ゴールデンイーグルスの一場靖弘投手は、手術に失敗した。
彼は、右目が角膜炎を発症し、入院する事になったのである。
右目視力は一時0.04まで低下し、失明の危機もあったほどである。
後に回復したが、やっぱり手術は安易には考慮してはいけないのである。



スポンサーサイト
17 : 58 : 21 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。