FC2ブログ

視力回復 注射

詠書や勉強で近くのものをみる仕事がつづくと、一時的に近視の状態に成ると云う説を「仮性近視」もしくは「偽近視」と云うが、これは日本独自の考え方で、現状は否定的にとらえられている。
以前は、仮性近視に対する治療として、アレンジ麻痺薬と云う薬を夜就寝する前に点眼し、毛様体筋を休ませる方法が途方もなく広く実行されていた。
しかし薬の効果が疑惑視され、現状では、健康保険の適応外となった。

レーシック手術は、日本では厚生労働省に拠って許可されている。
米国では年間に100万件以上実施されており、世界的に確立した医療技術と云えるだろう。
手術は両眼で約10分である。
検査等も包括して3時間レベルである。
術後は、暫く(しばらく)視力が落ち着かない事からご本人の車の運転は控えるべきであるが、帰宅する事は可能である。
入院は必要ないのだ。

例を挙げると、ある眼科医院では、3年間保障をうたってる。
時間の経過と共に視力が低下したケースの場合、術後3年以内であれば無料で再手術をすると云うものである。
このような保障をうたってると云う事自体が、その医院が自身の手術に自信をもってると云う証拠でもあると云えるかも知れない。

3.手術当日
・検査、解説、手術、更に休息してから帰宅となるが、全体で3時間ほどかかる。
当日、は瞳孔をオープンして目の奥を検査するための目薬をさする。
瞳孔がもとの状態にもどるまでに4から5時間かかる事から、その間、まぶしかったり、細かい文字が見えづらくなる。
また、術後は視力が落ち着かない事から、ご本人は車の運転を控えるべきである。

4.術後検査
手術の明くる日、1週間後、1ヵ月後に検診を受ける。



スポンサーサイト



17 : 43 : 26 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.