FC2ブログ

視力回復 コンタクト 群馬

視力回復のため新たな手法として、人気急アップ中のレーシック手術であるが、安全に、かつ効果的に手術が実行される為には、何種類か守るべき点が有る。
手術に当たっては、事前に多種多様な適応検査や精密検査を行い、レーシック手術を受ける事が出きるかの検査を包括して、レーザーの照射量を決定するための正確な視力検査を実践する。

オルソケラトロジーでは、就寝している間に高酸素透過性のコンタクトレンズを装用する。
それに拠って近視を矯正するのである。
おのおのの個人の角膜の形状や近視の度数に合わせて、特殊なレンズを作成する。
そのレンズを夜間に装用するのみで、日中は裸眼で生活する事が可能に成るのである。

近視は遺伝的要素が大幅に影響するから、本を接近させて詠まない、暗いところで目を使用しない、と云った目の健康法を採り入れた生活をしたとしても、近視に成る人はなる。
むしろ目が悪くなるから目を使用しないようにする、と云うのは逆効果である。
子供の目の発達から考慮すると、自然に実践する「ものを観る」と云う訓練は視力の発達に必要であるためす。

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを用意した方が良いかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。



スポンサーサイト



18 : 37 : 37 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.