FC2ブログ

視力回復 カレンダー

我々は、幼い子供がめがねをかけていると、近視と考えがちであるが、現実は遠視でめがねをかけているケースの場合が少なくないのでし。
遠視は眼球が正規よりも小さく、眼軸が短い為におこる事から、発達してからでは遠視のままで固定してしまうと改善する事は不可能である。
屈折状態の年齢分布を観ると、就学前の幼児や小学校低学年のうちは遠視がおおく、学年が進むにつれて近視が増大してくるのである。

問題に成るのは、病的近視のほうである。
こちらのケースの場合は、めがねをかけても視力はさほど回復しない。
近視の人の約1パーセントがこのような病的近視にあたる。

ただし全ての症例に適切な訳でもないのだ。
円錐角膜等の角膜形状異常には適応出きないし、ハードコンタクトレンズでの乱視矯正には遙かに劣る。

表面照射に分類される術式である為、一般的のレーシック手術に比べ角膜混濁・・・・・・「ヘイズ」・・・・・・を起こす危険性が高いと云う短所も有る。
また、これは、エキシマレーザーを照射する手術であるため、ハロ・グレアの出現、コントラストが低下する等の症状が有る。
これらは、通常のレーシックと同じ短所である。



スポンサーサイト



19 : 18 : 17 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.