FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 お茶

コンタクトレンズやめがねによる、視力回復、矯正の煩わしさから、視力矯正手術を増大する人が急増している。
タイガー・ウッズ選手等、スポーツ選手の術例がたすう報告され、話のネタをよんだ事が、手術熱望者の増加に拍車をかけているようである。
しかしながら、まだ歴史が浅い手術である事から、安全性が確立されていない。
メリットと同様、危険度もよく把握したうえで施術すべきかどうかの決断をするべきだろう。

オルソケラトロジーでは、就寝している間に高酸素透過性のコンタクトレンズを装用する。
それに拠って近視を矯正するのである。
おのおのの個人の角膜の形状や近視の度数に合わせて、特殊なレンズを作成する。
そのレンズを夜間に装用するのみで、日中は裸眼で生活する事が可能に成るのである。

★裸眼視力、つまり、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないときの視力、はほぼ間ちがいなく飛躍的に向上するが、矯正視力、つまり眼鏡やコンタクトレンズを使用したときの視力は、かえって低下する事が有る。

★角膜を削りすぎたケースの場合、遠視に成る危険が有る。
これを再度修正する事は困難である。

3.手術当日
・検査、解説、手術、更に休息してから帰宅となるが、全体で3時間ほどかかる。
当日、は瞳孔をオープンして目の奥を検査するための目薬をさする。
瞳孔がもとの状態にもどるまでに4から5時間かかる事から、その間、まぶしかったり、細かい文字が見えづらくなる。
また、術後は視力が落ち着かない事から、ご本人は車の運転を控えるべきである。

4.術後検査
手術の明くる日、1週間後、1ヵ月後に検診を受ける。



スポンサーサイト
18 : 57 : 01 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。