FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 コンタクトレンズ

老眼、もしくは老視と云うのは、病気ではなく、中年になればレベルの差はあれ、誰にでも生じ得る、生理的な現象である。
老眼に成ると、近いところがみえにくいと云うだけで、遠いところを観る視力とはなんら関係はないのだ。

ウェーブフロントレーシックでは、近視や遠視・乱視等にかんして総合的に角膜形状解析を行い、そのデータをもとにして、ウェーブフロントアナライザと云うガイド役の指揮のもとレーシック手術が実行される。
今までのレーシックでは、角膜の形状異常に対しガイドはいない状態だった。
それと比較すると、ウェーブフロントレーシックでは、角膜高次収差に対して解析を実践するわけであるから、乱視の矯正にかんしては理論上有利と云える。

例を挙げると、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けた例が超有名である。
彼の手術に影響され、視力に苦しむスポーツ選手のおおくが手術を受けたと云う。
これ以外、プロ野球選手の中にも、例を挙げると、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で実行される試合がおおくなった影響で視力の低下を招いた事から手術を受けた例も有る。

めがねやコンタクトレンズなしの生活がどれほど快適であるかは、日頃、殊更に運動時等に不自由を実感して居る方なら痛感して居る事だろう。
しかしながら、まだこのような「不確実な段階」である事を考え、そのメリットと危険度を考慮して、承知のいく視力回復方法を選定する事が肝心である。




スポンサーサイト
16 : 13 : 35 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。