FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 ppt

レーシックは、新たな視力回復方法として注目されている手術である。
しかし目の手術と云う事で懸念はつかない。
現実、危険じゃないのだろうか?

超音波治療

残念ながら、超音波を当てる方法は殆ど効果がないと云われている。
めがねやコンタクトレンズを使わずに視力を回復させるには、手術しかないようである。
また、「暗いところで本を詠むと目が悪くなる」とよく云われるが、これは近視の予防や視力の回復にはならない。
ただ、遠くを観たりする事は目の疲労を予防するのには、良いとおもわれる。

手術のなかでは、「フラップ」と云う蓋状のものを作成するが、この手術では、アルコール等の薬品を使用しない為、それに結びつく正確性の低下・角膜への負担等の危険度の懸念が多くはないと云える。
他方、短所も有る。
術後に痛みが結びつく事から、3から7日レベル保護用のコンタクトレンズを着用する必要が有る。

また、子供の頃に近視は開始するのが殆どであるが、20歳を過ぎれば近視はさほど進まなくなる為、過剰な懸念は不必要である。
20歳から25歳で屈折状態の変化はとまり、近視の度の進展もこの前後で留まるのである。
屈折状態の年齢分布を観ると、就学前の幼児や小学校低学年の間は、遠視が少なくないのが現実である。
学年が進むにつれて近視の割合が増大してくるのである。



スポンサーサイト
18 : 15 : 02 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。