FC2ブログ

視力回復 遠近法

近視の人の大たすうは、めがねやコンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な、シンプル近視である。
ごくわずかであるが、病的な近視の方もいる。
眼科ドクターの間では、シンプル近視も病的近視も含め、近視は遺伝的な素質がつよく関係しているとみる説が大勢をしめている。
ゆえに、勉強のしすぎや暗いところで本を詠んだから近視になったと云う事はないのだし、近視治療で治ったと云うのも例外である。

老眼鏡は近くを観るための専用のめがねである。
ゆえに、近視や遠視の人は、遠くを観るためのめがねと老眼鏡の二つが必要となるのである。
このケースの場合、めがねは別々のものを2つ用意しても、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ、「多焦点レンズ」としても構わない。
後者のようなレンズのケースの場合、いちいちかけなおす手間が省ける事からべんりとは云えるが、ハッキリとみえる視野が狭くなると云う短所が有る。

何よりものメリットは、手術の為に入院をする必要性がない事だろう。
短時間で済むからである。
また、生命保険が活用される事も在り、そうなれば手術費用がほぼ無料に成るケースも有る。

ゆえに、「老眼に成ると近いところが見えなくなる代わりに、遠いところが良くみえるように成る」と云うのは間ちがいのである。
また、「年をとったから視力が落ち、遠いところがみえにくくなった」と云う事はないのだ。
近視は20から25歳ほどで進展が留まるのが通常であるから、中年以降に遠いところが見えづらくなったと云うケースの場合は、何か病気が生じていると怪しむ必要が有る。



スポンサーサイト



17 : 52 : 32 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.