FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 五反田

レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。
術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事に成る。
その為遠方から手術の為に来院された方は、おのれのお近くの眼科医院で検診を受けられるよう案内状を記述してもらえるよう依頼すると良いだろう。

日本には、「仮性近視」もしくは「偽近視」と云う考え方が有る。
詠書や勉強等、近くのものを観る仕事をつづけた為に一時的に近視の状態になったと云うものである。
これは日本独自の理論で在り、近頃は否定的にとらえられている。

近視は遺伝的要素が大幅に影響するから、本を接近させて詠まない、暗いところで目を使用しない、と云った目の健康法を採り入れた生活をしたとしても、近視に成る人はなる。
むしろ目が悪くなるから目を使用しないようにする、と云うのは逆効果である。
子供の目の発達から考慮すると、自然に実践する「ものを観る」と云う訓練は視力の発達に必要であるためす。

PRKやエピレーシック等の術法と同様で、表面照射と云う術式に分類される。
他の表面照射の屈折矯正手術と同様で、ラセックもボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削る事で視力を回復させる。



スポンサーサイト
18 : 42 : 07 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。