FC2ブログ

視力回復 寝る前

視力回復の新しい方法として、レーシックと云う手術が話のネタに為ってる。
しかしあくまで手術であるから懸念が結びつくし、まだ歴史が浅い事から安全性が確立していない。
現実、どのような流れで進むのが、一般的な例をご案内する。

また、まれであるが、手術を受けて一旦視力が回復したものの、また低下してしまう方が居るのは事実である。
目を酷使する人に少なくないと云うが、これを再近視化と云う。
このようなケースの場合に、再度詳しい検査を受け、再手術が可能かどうか、また可能なケースの場合には、無料で再手術を受けられるかどうかのアフターフォローがあるかどうか、を事前に確認しておくべきである。

人口水晶体を入れる方法

近視と云うのは、屈折異常である。
おのれのもってる水晶体よりも屈折力が弱い人口水晶体を入れれば、近視が低減する事は確かである。
しかしながら、水晶体の任務は、遠くをみる時に屈折をアレンジするのみじゃないのだ。
近くをみる時にもピント合わせに必要であるためす。
ゆえに人工水晶体を入れると、そのアレンジ機能がなくなる事に成るのである。
白内障の手術で人工水晶体を入れるのならともかく、そうでもないのにあえて手術をしてまで人工水晶体を入れる事にそれほどの意味があるとは、現実のところ云えないようである。

但し全部の選手がレーシックを受ける訳でもないのだ。
例を挙げると、古田敦也のように眼鏡を使用して現役を全うした選手もいる。
レーシックは、まだ歴史も浅く、確実な手術とはいいがたいのである。
例を挙げると、東北楽天ゴールデンイーグルスの一場靖弘投手は、手術に失敗した。
彼は、右目が角膜炎を発症し、入院する事になったのである。
右目視力は一時0.04まで低下し、失明の危機もあったほどである。
後に回復したが、やっぱり手術は安易には考慮してはいけないのである。



スポンサーサイト



16 : 03 : 49 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.