FC2ブログ

視力回復 なぜ

視力回復のため新たな手法として、人気急アップ中のレーシック手術であるが、安全に、かつ効果的に手術が実行される為には、何種類か守るべき点が有る。
手術に当たっては、事前に多種多様な適応検査や精密検査を行い、レーシック手術を受ける事が出きるかの検査を包括して、レーザーの照射量を決定するための正確な視力検査を実践する。

今までのハードレンズは、酸素を通さなかった、もしくは不充分だった事から、酸素不足による角膜障害がおきていたし、ソフトレンズのケースの場合も、まれではあるといえ、感染症が起き、これが角膜障害をもたらしていた。
いずれにしても、現状、改良が進み、落ち着いて装着出きるようになりつつ有る。

これ以外、一般的に以下のような問題点が指摘されている:

・屈折度が落ち着くまでに一定の期間が必要で在り、どれほどかかるかは個人に拠って差が有る。

・現実にどれほどの効果があるか(近視、乱視、遠視の低減度)と目標値との間には誤差が在り、ケースの場合に拠っては、再手術が必要になったり、手術を受けたにもかかわらずめがねが必要に成る事も有る。

・左右の目に差がでる事が有る。
これは同じ人の目であっても、左右に拠って条件がちがうからである。

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを用意した方が良いかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。



スポンサーサイト



16 : 55 : 08 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.