FC2ブログ

視力回復 名古屋

我々は、幼い子供がめがねをかけていると、近視と考えがちであるが、現実は遠視でめがねをかけているケースの場合が少なくないのでし。
遠視は眼球が正規よりも小さく、眼軸が短い為におこる事から、発達してからでは遠視のままで固定してしまうと改善する事は不可能である。
屈折状態の年齢分布を観ると、就学前の幼児や小学校低学年のうちは遠視がおおく、学年が進むにつれて近視が増大してくるのである。

斜視のケースの場合、左右の目の視線が同じ目標点に向かっておらず、片方の目が目標点よりも内部を向いている状態(内斜視)と、外部を向いている状態(外斜視)が有る。
また正常の視線よりも上下いずれかにずれているものは上下斜視と呼称される。

人口水晶体を入れる方法

近視と云うのは、屈折異常である。
おのれのもってる水晶体よりも屈折力が弱い人口水晶体を入れれば、近視が低減する事は確かである。
しかしながら、水晶体の任務は、遠くをみる時に屈折をアレンジするのみじゃないのだ。
近くをみる時にもピント合わせに必要であるためす。
ゆえに人工水晶体を入れると、そのアレンジ機能がなくなる事に成るのである。
白内障の手術で人工水晶体を入れるのならともかく、そうでもないのにあえて手術をしてまで人工水晶体を入れる事にそれほどの意味があるとは、現実のところ云えないようである。

更に、乱視の種類に拠っては、乱視用眼鏡の矯正にすら劣るケースの場合もあるのである。
手術は全部にかんして云える事であるが、完璧はないのだ。
あらゆる危険度を考え、その危険度を冒すだけのメリットがあるのかどうかをよく熟慮したうえで、施術するかどうかの決断をすべきだろう。



スポンサーサイト



16 : 26 : 18 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.