FC2ブログ

視力回復 結果

視力回復の新しい方法として、レーシックと云う手術が話のネタに為ってる。
しかしあくまで手術であるから懸念が結びつくし、まだ歴史が浅い事から安全性が確立していない。
現実、どのような流れで進むのが、一般的な例をご案内する。

目の治療は目覚しく発達している。
手術やレーザー治療、人口水晶体、角膜移植、コンタクトレンズ、薬物治療等である。
なかでも現状、注目されているのが、レーシックである。

レーシック

「レーシック」と云うのは、角膜屈折矯正手術の一種である。
目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射して、角膜の曲率を変える事で視力を矯正する手術をいう。

老眼の症状は、本を詠む時に本を目から離さないと良くみえない、薄暗いところではちっぽけな字が詠みにくい、細かい仕事をすると目が疲労を実感する、と云うものである。
このような症状を実感したら、老眼が開始してきたと考慮される。
こういった具合に老眼と云うのは、あくまで近いところを観るのに不便を実感するように成ると云う為、遠いところをみる視力には関係ないのだ。

やっぱり視力回復とまではいかないまでも、視力矯正の方法としては、基本的にめがねとコンタクトである事に変わりはないのが現状である。
近頃はより心地よいコンタクトレンズも開発されている。
目に優しいレンズを選定する事が現状としては最重要な選定なのかも知れない。



スポンサーサイト



18 : 44 : 53 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.