FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 スマホ

視力矯正手術として、1番一般的なのは、「レーシック」・・・・・・正式名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・・・・である。
レーシックの中には、その一種として「エピレーシック」が有る。
エキシマレーザーを照射する事で近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方法の一つである。

オルソケラトロジーでは、就寝している間に高酸素透過性のコンタクトレンズを装用する。
それに拠って近視を矯正するのである。
おのおのの個人の角膜の形状や近視の度数に合わせて、特殊なレンズを作成する。
そのレンズを夜間に装用するのみで、日中は裸眼で生活する事が可能に成るのである。

老眼の症状は、本を詠む時に本を目から離さないと良くみえない、薄暗いところではちっぽけな字が詠みにくい、細かい仕事をすると目が疲労を実感する、と云うものである。
このような症状を実感したら、老眼が開始してきたと考慮される。
こういった具合に老眼と云うのは、あくまで近いところを観るのに不便を実感するように成ると云う為、遠いところをみる視力には関係ないのだ。

★角膜中心部の曲率しか変わらない為、夜間に瞳孔がオープンすると角膜周辺部の部分で術前と変わらぬ曲率をもつところをとおった光線が網膜に到達するようになり、二重の像がみえる事が有る。

★白内障の手術を受けた際に、眼内レンズの度数ずれをおこす危険が有る。



スポンサーサイト
17 : 18 : 42 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。