FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 銀座

めがねやコンタクトレンズ使用の煩わしさから、視力回復、矯正の為に手術を受ける人が急増している。
殊更に、レーシック手術は、ゴルファーのタイガー・ウッズ選手や、野球選手の松坂大輔選手等が受けた事から話のネタにもなった。
しかしながら、失敗例も在り、まだ完璧な手術とは云えないのが現状である。

老眼と云うのは、中年前後に近いところをみえにくくなった状態をいう。
老眼に成ると、遠視と混同されがちであるが、遠視は屈折の異常で在り、年齢とは無関係である。
これに対して老眼は、アレンジの異常である。
問題は近いところを観るときだけである。
老眼は、中年以降になれば、遠視の人にも、近視の人にも生じる可能性があるのである。

現実、どれほどの視力回復が望めるかは、事前の検査で確認しておくべきだろう。
きわめて強度の近視、乱視、及び老眼が重なった方のケースの場合は殊更にそうである。
また子供のケースの場合や妊娠中の方、及び全身疾患をお持ちのかたは手術を実践する事は出きない。
医院に拠っては、レーシック手術を受けた方の98パーセント以上が視力1.0以上に回復しており、残りの2パーセントの方も0.7以上になり、コンタクトンズやめがねの煩わしさから解放された、とうたってるところも有る。

★角膜中心部の曲率しか変わらない為、夜間に瞳孔がオープンすると角膜周辺部の部分で術前と変わらぬ曲率をもつところをとおった光線が網膜に到達するようになり、二重の像がみえる事が有る。

★白内障の手術を受けた際に、眼内レンズの度数ずれをおこす危険が有る。



スポンサーサイト
18 : 18 : 16 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。