FC2ブログ

視力回復 悪い

健康診察等では、視力表を用いて視力を検査する。
これは裸眼視力と云って、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力で、屈折の異常を決断する為、あまり精密な検査とは云えない。
正確に屈折の異常を測定する為には、アレンジを休ませた状態でなければならず、子供のケースの場合は殊更に、アレンジを休ませる事はむずかしいのが現実である。

1.対話

まず初めは、対話をし、カウンセリングを受けながら予約を入れる。
ついでにレーシックのケースの場合、両眼で15000円ほどかかるようである。
但し片眼ずつに分けて手術したケースの場合には、料金が変わってくる事が有る為、ご対話の眼科にご確認欲しい。

これ以外、一般的に以下のような問題点が指摘されている:

・屈折度が落ち着くまでに一定の期間が必要で在り、どれほどかかるかは個人に拠って差が有る。

・現実にどれほどの効果があるか(近視、乱視、遠視の低減度)と目標値との間には誤差が在り、ケースの場合に拠っては、再手術が必要になったり、手術を受けたにもかかわらずめがねが必要に成る事も有る。

・左右の目に差がでる事が有る。
これは同じ人の目であっても、左右に拠って条件がちがうからである。

PRKやエピレーシック等の術法と同様で、表面照射と云う術式に分類される。
他の表面照射の屈折矯正手術と同様で、ラセックもボーマン膜をレーザーで除去し、角膜実質層を削る事で視力を回復させる。



スポンサーサイト



18 : 34 : 42 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.