FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

視力回復 日常生活

老眼、もしくは老視と云うのは、病気ではなく、中年になればレベルの差はあれ、誰にでも生じ得る、生理的な現象である。
老眼に成ると、近いところがみえにくいと云うだけで、遠いところを観る視力とはなんら関係はないのだ。

視力矯正手術には以下のような種類が有る:

・レーシック
・イントラレーシック
・エピレーシック
・ラセック
・ウェーブフロント
・フェイキックIOL
・PRK
・フレックスPRK
・放射状角膜切開術(PK)

コンタクトレンズとめがねの煩わしさを1番痛感しているのは、たぶんスポーツ選手だろう。
視力回復及び矯正の手術を受けた例もスポーツ選手が圧倒的に少なくないようである。
殊更にレーシック手術にかんしては、スポーツ選手の手術例が少なくないようである。

現実、どれほどの視力回復が望めるかは、事前の検査で確認しておくべきだろう。
きわめて強度の近視、乱視、及び老眼が重なった方のケースの場合は殊更にそうである。
また子供のケースの場合や妊娠中の方、及び全身疾患をお持ちのかたは手術を実践する事は出きない。
医院に拠っては、レーシック手術を受けた方の98パーセント以上が視力1.0以上に回復しており、残りの2パーセントの方も0.7以上になり、コンタクトンズやめがねの煩わしさから解放された、とうたってるところも有る。

個人差は有るが、不思議なほどに、朝になってコンタクトを外すとよくみえるようになり、1週間もすると効果が得れる。
途方もなく適切で、安全な治療法と云われている。



スポンサーサイト
16 : 54 : 48 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。