FC2ブログ

視力回復 千葉

遠くのほうをみると上手くピントが合わず、ハッキリみえないのは、屈折異常が原因である。
このうち近視と云うのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を連結する為におくるのだ。

近視には2通り有る:
・シンプル近視(良性近視)
・病的近視(悪性近視)

シンプル近視は、視力回復と云う点にかんする限り、コンタクトレンズやめがねを使用して矯正視力が出れば問題はないのだ。
一般的に小学校高学年ほどから中学校くらいから開始する事が少なくない事から、学校近視とも呼称される。

レーシック手術・・・・・・正式には、「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・・・・には、以下のようなメリットと短所が有る:

・日本では公的医療保険の対象とならない。
また、現状、この手術の給付金を熱望するケースが急増し、各保険会社は給付対象から除外している。
除外が活用される以前に加入した生命保険等で、手術費用がほぼ無料に成るケースは有るが、これから新たに加入すると云う人は、保険活用はほぼ不可能と考慮した方が良いだろう。

・手術のための入院が必要なく、短時間で済むと云うのはメリットである。

手術の当日は、瞳孔をオープンして目の奥を検査するための目薬をさす事に成る。
瞳孔がもとの状態にもどるまでに4から5時間かかる事から、その間、眩しかったり、細かい文字が見えづらくなる為、ご本人の運転は控える。
る。
また、術後は視力が落ち着かない事から、やっぱりご本人は車の運転を控えるべきである。

更にイントラレーシックのほうが、今までのレーシックよりもフラップを薄く正確に作成する事が可能な事から、角膜実質層を削りとれる量が増大する。
その為、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正する事が出きるのである。
但し層間角膜炎(DLK)が生起したり、フラップの作成や接着に時間がかかる、と云った短所も指摘されている。



スポンサーサイト



04 : 52 : 18 | 日記 | page top↑
| ホーム |

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (142)

お気に入り

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © 優樹菜の無責任日記 All Rights Reserved.